社会保障ニュース

社会保障ニュース

高齢独身女性は817万人 遺族年金頼みの貧困生活

2023/11/24    

年を取って一人暮らしになる女性が増えています。死別や離婚で独身に戻る75歳以上の層が人口に占める割合は2040年に7.4%に達する見通しです。死別の場合、収入は遺族年金頼みになりがちで相対的貧困率は3 ...

社会保障ニュース

2024年に介護保険料引き上げ 介護費が20年で4倍に急増

2023/11/24    

税金や介護保険料を原資にした介護費用の増加が止まりません。約20年で医療費は1.6倍、年金は1.5倍だったのに対し、介護は4倍に急増しました。少子高齢化で介護費はさらに膨らむ見通しです。厚生労働省は制 ...

社会保障ニュース

2024年2月から介護職員の賃上げ 月額6000円の増加

2023/11/12    

厚生労働省は2024年2月から介護職員1人あたり月6千円の賃上げを実施する方針を固めました。介護を担うことができる看護補助者も対象に補助金が支給されます。来春以降は介護サービスの公定価格である介護報酬 ...

社会保障ニュース

労災保険に入れるフリーランスの対象が全業種に広がる

2023/11/6    

企業に勤めずフリーランスとして働く人が増加傾向にあります。安心して働くには、病気やけがをしても生活が保障される保障制度が求められます。厚生労働省は労災保険に原則全業種のフリーランスが加入できるようにす ...

社会保障ニュース

アマゾン配達員が労災認定 労基署が「労働者」と判断

2023/10/31    

10月4日、インターネット通販大手アマゾンジャパンの商品配達を個人事業主(フリーランス)として委託され、仕事中に負傷した60代の男性が、横須賀労働基準監督署(神奈川県)から労災認定されたことが分かりま ...

社会保障ニュース

流産や死産でも原則8週間の産休を義務 約15%が取得していない

2023/9/19    

流産や死産を経験し、本来は取得すべき産後休業に入れない女性がいることが明らかになりました。法令では出産だけでなく、流産や死産でも原則8週間の産休を義務付けていますが、約15%が取得していません。母体の ...

社会保障ニュース

育児休業者の業務を代替した場合の手当 10万円⇒125万円

2023/9/13    

厚生労働省は2024年度から育児休業者の仕事を代替する同僚に手当を支給する中小企業を対象に助成額を拡充します。現在の10万円から最大125万円に増やす方針です。中小企業の育休取得率は大企業より低いです ...

社会保障ニュース

訪問介護でも「老々介護」 訪問介護員の平均年齢は54.7歳

2023/9/13    

ヘルパーが高齢者宅を訪れる訪問介護の事業環境が厳しいことが明らかになりました。利用者が10年で2割増えたのに対し、訪問員の38%は60歳以上、13.5%は70歳以上です。仕事の厳しさから若い職員がなか ...

社会保障ニュース

留学生を増やすために給付型奨学金を拡充!114億円の予算案

2023/9/1    

海外への留学生を2033年までに年50万人にする目標の実現に向け、文部科学省は給付型奨学金の対象者を2024年度に現在に比べ7割増の3万人にする方針を固めました。これらに向け2024年度予算案の概算要 ...

社会保障ニュース

男性の育休取得率が5%⇒17%に上昇 課題は代替する要員の確保

2023/8/14    

出生率上昇に必要不可欠とされる男性の育児休業取得ですが、問題が明確になってきました。厚生労働省の調査で8割の職場で代替要員の補充ができず、取得促進の足枷になっていることが明らかになりました。恒常的な長 ...

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.