民間保険

海外旅行保険とは?海外旅行保険の詳細をわかりやすく解説

海外旅行保険とは?海外旅行保険の詳細をわかりやすく解説

この記事では、「海外旅行保険」について解説していきます。


海外旅行では、27人に1人が何らかの事故に遭っている計算です。

海外で病気になったら、日本以上に医療費が掛かる場合が多々あります。

楽しい海外旅行をいい思い出にする為にも、海外旅行保険は必要かもしれません。


この記事を読めば、「海外旅行保険の補償」「クレジットカードと保険会社の補償の違い」「海外旅行保険の必要性」を知ることができます。



海外旅行保険とは

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、外国への旅行中で起こった、予期せぬ事態による経済的な負担を補償してくれる保険のことです。


海外旅行保険の補償は下記の3つに分けることができます。

  1. 旅行先で病気やケガをしたときの補償
  2. 旅行先で他人や他人の物を傷つけてしまったときの賠償責任の補償
  3. 旅行中の飛行機や交通機関のトラブル等により発生した費用の補償


それぞれわかりやすく説明していきます。

旅行先で病気やケガをしたときの補償

旅行先では、日本国内と同じように健康保険が使えるわけではないので、もしも治療を受けることになったら、費用が高額になることもあります。

病気やケガをしたときの補償は下記のとおりです。


【傷害・疾病治療費用】
旅行先で被ったケガや病気の治療費等のための補償です。

【傷害死亡・後遺障害】
旅行中のケガにより死亡した場合や、後遺障害が生じた場合のための補償です。

【疾病死亡】
旅行中の病気により死亡した場合のための補償です。

【救援者費用】
旅行中にケガや病気で入院し、親族が駆けつける際の渡航費や滞在費、医師・看護師をともなうチャーター機による搬送費の補償です。


旅行先で他人や他人の物を傷つけてしまったときの賠償責任の補償

海外でパラグライダーをして機材を壊してしまったり、スキーをしているときに他人にぶつかってケガをさせてしまったり、旅行先では思いがけないリスクが潜んでいます。


【賠償責任】
旅行中に誤って他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりしたことにより、法律上の賠償責任を負った場合のための補償


旅行中の飛行機や交通機関のトラブル等により発生した費用の補償

海外旅行をしていると、オーバーブッキングにより飛行機が遅延したり、欠航により余計に宿泊費や飲食代がかかったりと、思わぬ交通機関のトラブルに巻き込まれることがあります。

旅行保険はこれ等にも対応しています。


【携行品損害】
旅行中に身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合のための補償です。

【航空機遅延費用】
航空機が遅れたために、予定していなかった宿泊代や食事代の負担が発生した場合のための補償です。

【航空機寄託手荷物遅延等費用】
航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたことにより、着替えなどを購入した場合のための補償



2種類ある海外旅行保険

2種類ある海外旅行保険

海外旅行の補償が欲しいとき、保険会社と契約するのが一般的ですが、クレジットカードのオプションでも補償を受けられることがあります。

海外旅行保険の保障を得る方法には下記の2つがあります。

  1. 保険会社と契約
  2. クレジットカードのオプション


それぞれわかりやすく説明していきます。

クレジットカードの海外旅行保険

クレジットカードは買い物の時に使われる物ですが、クレジットカードの種類によってはさまざまな機能が付いています。その機能の中に、海外旅行保険の補償が付帯されている場合があります。


ただし、クレジットカードによっては、例えば、日本出国前に航空機や電車などの公共交通機関の利用代金をクレジットカードで支払うことを条件に、補償の対象となる場合がありますので注意が必要です。


クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の場合は、無料で補償を手にすることができますが、その分、損害保険会社で加入する海外旅行保険と比べると、保険金額は低く設定されています。


クレジットカードと保険会社の海外旅行保険の補償内容の例えです。

補償内容 クレジットカード 保険会社(2泊3日)
死亡・後遺障害 最高2,000万円 2,000万円
疾病死亡 1,000万~2,000万円
治療費用 限度額50万~200万円 限度額2,000万~3,000万円
賠償責任 限度額2,000万円 限度額1億円
携行品損害 限度額15万~20万円
(自己負担額:3,000円)
限度額30万円
(自己負担額なし)
救援者費用 限度額100万~200万円 限度額2,000万円
航空機寄託手荷
物遅延等費用
限度額10万円
航空機遅延費用 限度額2万~3万円
保険料の支払い なし 約2,000円


クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償期間は1回の旅行につき90日間と期間が決まっている場合が多いので、90日を超える長期の場合は注意が必要です。

保険会社の海外旅行保険

保険会社の海外旅行保険は、クレジットカード付帯の海外旅行保険と比べて、病気やケガをしたときの補償は手厚く設定されています。

治療費補償や救援者費用補償は、基本的に保険会社の海外旅行保険の保険金額の上限は「クレジットカードの場合と比較して10倍以上」になっています。

賠償責任補償についても、上限は1億円以上のタイプが多いです。


また、保険会社の海外旅行保険には付帯サービスがあります。

24時間・年中無休の日本語での対応窓口があり、サポートを受けることができます。

主なサポートは下記のとおりです。

  1. 電話による医療通訳サービス
  2. 医療機関の紹介・手配
  3. 医療情報の提供
  4. 弁護士の紹介・手配
  5. パスポートやクレジットカードの再発行援助
  6. 飛行機や宿泊施設の紹介・手配


また、保険会社の海外旅行保険は、旅行先で高額な治療費がかかったとしても、一旦自分で立て替える必要がありません。

海外旅行保険の場合はトラブルが発生したときに保険会社が対応してくれる部分が多く、自分への負担は少ないと言えます。


ただし、保険会社の海外旅行保険は有料です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償内容を踏まえたうえで、「それだけでは足りない分」を補うようにして賢く海外旅行の補償を手に入れるのがおすすめです。

海外旅行保険の必要性

海外旅行保険の必要性


海外でよくあるトラブル

海外旅行中でよくあるトラブルを、ジェイアイ傷害火災が補償項目別に事故発生割合を発表しました。

1位.治療・救援費用(46.4%)


2位.携行品損害(26.9%)


3位.旅行事故緊急費用(23.0%)


1位の「治療・救援費用」に関しては、海外旅行保険に入ることでケガや病気による治療費が補償されます。

2位の「携行品損害」については、カメラや携帯電話等の手荷物の盗難や破損によって発生した損害が補償されます。

3位の「旅行事故緊急費用」は予期せぬ偶然な事故により生じた費用(交通費、宿泊費等)を補償されます。


この発生件数の順位は10年以上変化していません。

この情報を受け、必要な補償を手に入れましょう。

海外旅行中にトラブルに遭う確率は3.70%

ジェイアイ傷害火災の契約者データによると、海外旅行中にトラブルに遭う確率は3.70%となっております。

これは27人に1人が何らかの事故に遭っている計算です。決して少ない数字ではありません。


楽しい海外旅行をいい思い出にする為にも、海外旅行保険は必要かもしれません。

外国の犯罪率

外国の犯罪率

出典:保険市場


法務省の犯罪白書よると、日本での発生率は0.48%であるのに対し、諸外国は2%以上となっています。

この統計からも、諸外国では日本に比べて犯罪の発生率が高いことが伺えます。


海外旅行保険の必要性を感じる統計です。

海外での医療費

海外での医療費


海外での医療費の目安

  虫垂炎手術の治療費 骨折時の治療費
日本 60万円 2万円
アメリカ 300万円 5万円
イギリス 94万円~135万円 13万円~20万円
韓国 51万円~61万円 3万円
中国 7万円~155万円 5万円
シンガポール 111万円~167万円 3万円~5万円
オーストラリア 80万円 5万円


公的医療保険には海外療養費制度がある

日本には健康保険制度があり、費用の負担額は1割から3割となっています。

健康保険の被保険者や被扶養者は、海外で診療などを受ける場合には、海外療養費制度が適用されます。


海外療養費制度とは、海外旅行中や海外赴任中にケガや病気などによってやむを得ず現地の医療機関で治療等を受けた場合、申請することで一部医療費の払い戻しを受けられる制度です。

ただし支払われる金額は、海外で支払った金額と、同じ治療を日本で受けるために必要な金額を比較し、より治療費の低い金額から自己負担額を差し引いた額になります。



一時帰国した場合の補償

一時帰国した場合の補償

渡航目的が留学や駐在で、滞在期間が長期になった場合、一時的に帰国することもあると思いますが、その間も補償は有効になっています。

例えば、日本に一時帰国している間に風邪を引いたとか、スキーに行ってケガをした場合でも、海外旅行保険で治療費の補償が請求できます。


補償される一時帰国の期間は、日本国内に住所がある人の場合は30日。住所がない人の場合は90日間です。

この一時帰国の補償は一時帰国中保障特約といい、保険期間が3ヵ月以上の契約の場合に自動付帯されます。


海外旅行保険はどこで申し込めるのか

海外旅行保険はどこで申し込める


インターネット申込みが割安

割安で海外旅行保険を手にするにはインターネット申込みです。

窓口契約と比べて安い保険料で契約できる場合が多く、余裕をもって検討ができるため自分に合った補償を手に入れることができます。


また、一般的なファミリーを想定した最安シミュレーションなども用意しているため、家族旅行のときなどにもぴったりです。

海外旅行・留学(資料請求 無料)

海外旅行保険のAIG




空港で申し込みができる

空港では、カウンターと自動販売機の2箇所で海外旅行保険の申込みが可能です。


うっかり海外旅行保険の申込みを忘れていた時などに助かる存在です。

しかし、納得した保険契約をするためには、保険内容をしっかり吟味することが必要となります。あくまで緊急の選択肢として考えておきましょう。

旅行代理店で申し込みができる

ほとんどの大手旅行代理店では、海外旅行保険に申し込むことができます。

旅行の申込みと一緒に保険を申し込むことができるため、手間が省けます。

保険代理店で申し込みができる

街中の保険代理店でも、海外旅行保険は申し込むことができます。

保険の専門家と相談しながら申し込みできます。



-民間保険
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.