社会保障

ニートが社会参加をする足掛かりになる求職者支援制度

ニートが社会参加をする足掛かりになる求職者支援制度

ニート生活から脱出したくないですか?

勤労から離れれば離れるほど、就職へのハードルは高くなります。

そのような場合、いきなり就職するのは難しくなります。


バイトという選択肢もありますが、お勧めしたいのが「求職者支援制度の支援訓練」です。

条件さえ満たせば、毎月10万円の支給を受けながら就職に役立つ知識や技術を身につけることができます。


【2022年版】求職者支援制度について学べるおすすめの本1選

雇用保険に入っていないと「失業した時に職業訓練などのサービスを受けられない…」と絶望しそうですが、実は同じようなサービスを受けることができるのです。それが「求職者支援制度」です。この記事では、求職者支 ...

続きを見る



ニートが社会参加をする足掛かりになる求職者支援制度

ニートが社会参加をする足掛かりになる求職者支援制度

支援訓練の有効な活用法として、あまり語られることがないのが長期失業者に社会復帰を促すグループワークとしての機能です。

ニート生活から抜け出せない若者だけでなく、ごく普通に働いていた人でも、失業期間がある程度長期化すると、早く就業したいのに成果が出ないことに対する焦りやいら立ちが次第に強くなっていきます。

その結果、自分だけが社会から取り残されたような気持ちを抱くことで、精神的にも病んでしまいます。


そんな時、支援訓練を社会復帰のリハビリとして活用するのです。

職業訓練を受講することの意味は、知識やスキルを習得することだけではありません。

とりあえず、毎朝起きて出かけていく場ができます。

それだけでも気持ちに張りが出てくるものです。

しかも、その場は、自分と同じ境遇の人が集まって再就職という共通の目標に向かって努力していける環境が整えられているのです。

他の人達もみんな自分と同じ立場で頑張っているんだということが分かれば、孤立感はかなり薄らぎます。

クラスメートとの日々の交流を通して、お互いに切磋琢磨していこうとする前向きな気持ちが生まれるのです。


授業ではたいしたことが学べなかったとしても、そういった自分と同じ境遇の人と交流する場を持てることだけでも十分に訓練の効果は得られたといえます。

出口の見えないニート生活を改善するきっかけをつかむために、支援訓練を活用するのも一つの方法です。


まとめ

まとめ

求職者支援制度の支援訓練には、ニート生活から抜け出すリハビリとしての効果も期待できます。


支援訓練を受講することになると、毎朝起きて出かけていく場ができます。

毎日好きな時間に寝て、好きな時間に起きることのできる生活から、会社勤めをしている人と同じような生活を送るようになるのです。

そしてその場には、自分と同じ境遇の人が集まって再就職という共通の目標に向かって努力しています。


ニート生活から脱出したい人には、願ってもない環境と言えます。



【2022年版】求職者支援制度について学べるおすすめの本1選

雇用保険に入っていないと「失業した時に職業訓練などのサービスを受けられない…」と絶望しそうですが、実は同じようなサービスを受けることができるのです。それが「求職者支援制度」です。この記事では、求職者支 ...

続きを見る




-社会保障
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.