社会保障ニュース

国民年金保険料がスマートフォンで納付できるようになる

国民年金保険料がスマートフォンで納付できるようになる

厚生労働省は自営業者らが加入する国民年金の保険料について、2023年からスマートフォンのアプリで納付できるようにします。

納付書に記載されたバーコードを読み取り、どこでもキャッシュレスで決済できる仕組みを取り入れます。

納付率が低い若年層を念頭に、納付の利便性を高めて制度の安定につなげたい考えです。


国民年金保険料は銀行やコンビニエンスストアなどで支払える

国民年金保険料は銀行やコンビニエンスストアなどで支払える

国民年金は自営業者やフリーターらが加入し、保険料は銀行やコンビニエンスストアなどで支払えます。

20歳から59歳まで40年にわたり月1万6590円の保険料を納めた場合、現行水準では65歳から月6万4816円の給付を受けられます。

納付しなければその分、将来もらえる年金は減ります。


国民年金保険料がスマホで納付できるようになる

国民年金保険料がスマホで納付できるようになる

スマホアプリでの納付を可能にする制度の導入に向け、厚労省は8月中にも省令を改正します。

23年1月の施行をめざしています。


自宅に届く納付書に記載されたバーコードを読み取ってアクセスし、保険料を納付できるようにします。

アプリ上で決済に必要な内容を記入し、キャッシュレス決済やクレジットカードでの支払いを想定。


「PayPay(ペイペイ)」や「auペイ」といった民間企業が提供するアプリでの決済を念頭に置いています。

電気やガスといった公共料金の支払いが可能なアプリがすでにあり、これらの仕組みを参考にしています。

実際に使えるアプリは今後、事業者との協議をふまえて22年中に絞り込みます。


国民年金の納付率をめぐっては、若年層の低さが課題

国民年金の納付率をめぐっては、若年層の低さが課題

国民年金の納付率をめぐっては、若年層の低さが課題となっています。

厚労省が発表した21年度の納付率は全体で73.9%でした。

年代別では55~59歳が80.0%と最も高い一方で、25~29歳は62.1%にとどまりました。

30~34歳は65.9%、35~39歳は70.6%でした。


厚労省は支払いの際にコンビニや銀行などに出向く手間が、納付のハードルになっているとみています。

手軽に支払える方法を増やし、納付率の向上を狙っています。

若年層の未納は将来、年金が少なく、収入に乏しい高齢者を増やす恐れがあります。


新型コロナウイルス禍で国民年金保険料を納付しない人が増加

新型コロナウイルス禍で国民年金保険料を納付しない人が増加

新型コロナウイルス禍で、国民年金の加入者を取り巻く環境は厳しさを増しています。

21年度に国民年金の納付を全額免除・猶予されている人は20年度に比べて3万人多い612万人と、2年連続で過去最多を更新しました。

厚労省はコロナ禍で収入が急減した人の保険料の納付を免除しやすくする特例措置を設けています。


コロナ禍で国民年金の保険料免除・猶予が過去最多

厚生労働省は2021年6月28日、2020年度の国民年金保険料の納付率が71・5%だったと発表しました。前年度比2・2ポイント上昇し、9年連続で改善。ただ低所得などを理由に保険料を全額免除・猶予されて ...

続きを見る



まとめ

まとめ

厚生労働省は自営業者らが加入する国民年金の保険料について、2023年からスマートフォンのアプリで納付できるようにします。

納付書に記載されたバーコードを読み取り、どこでもキャッシュレスで決済できる仕組みを取り入れます。


スマホアプリでの納付を可能にする制度の導入に向け、厚労省は8月中にも省令を改正します。

23年1月の施行をめざしています。


国民年金の納付率をめぐっては、若年層の低さが課題となっています。

厚労省が発表した21年度の納付率は全体で73.9%でした。

年代別では55~59歳が80.0%と最も高い一方で、25~29歳は62.1%にとどまりました。


納付率が低い若年層を念頭に、納付の利便性を高めて制度の安定につなげたい考えです。



【2022年版】年金について学べるおすすめの本5選

年金については、ニュースなどで見聞きすることがあるため、何となく理解していると思いますが、しっかりと制度を把握している人は少ないのではないでしょうか?年金保険料は20歳以上になると納めることになります ...

続きを見る




-社会保障ニュース
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.