おすすめ商品

不登校の子を持つ親に読んで欲しいおすすめの本7選

不登校の子を持つ親に読んで欲しいおすすめの本7選

不登校は、学校に登校していない状態を指します。登校拒否とも言います。

日本における「不登校」の語については、研究者、専門家、教育関係者らの間に全国的に統一した定義がなく多義的です。


この記事では、不登校の子を持つ親に読んで欲しいおすすめのを紹介していきます。

不登校に関する知識が深まり、不登校の問題を解決するヒントを得ることができるはずです。


不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

不登校で苦しむ家族の希望の書!

不登校になってしまった原因は追及せず、1日3分の家族の働きかけにより、子どもの心のコップを満たしていくことで、必ず再登校が実現します。

豊富な成功事例が全国で注目の的です。


レビュー・口コミ

ひろさん

不登校の問題を見守りだけでなく、具体的な解決法を提示した良書。

子供を甘やかすわけでも、放置するわけでも、無論、学校に引きずっても行かせるのでなく、ただ〇〇するとは目から鱗が落ちました。

月川 星子さん

中1の娘が入学してすぐに不登校になりました。慌てふためき色々と調べたり好きなこと(主にネット)をさせて待ちましたがどんどん悪化、外にも出られなくなりました。

検索でこの本にたどり着き、[不登校は自信の水不足]との言葉に、間違いない!と確信を持ちました。小学生の頃にも担任より「自信なさげです」と言われたことがあったからです。
他にも色々なサインが出ていました。今思えば…

読んでこの本の通りの言葉をかけてみました。すぐに子どもの表情が変わったことに気付きました。1日目でです。驚きました。
その後すぐトレーニングを申し込みました。一人ではできないと思ったからです。
トレーニングを受けて本当に良かったです。
全て書けませんが、我が子から数々のドラマをみせてもらい、今は中学校に登校しています。まだまだ回復途中です。
コンプリメントは一生使っていくつもりです。

【残り2件の口コミを見る クリック】

Amazon カスタマーさん

この本に出会えて本当に良かったです。私達、親子にとって運命的な本です。

子供の変化や成長は親の観察する力から見えてくるもの。
親の考え方や物の見方、行動の仕方が変わりました。

子育ての仕方がわからなかった私を変えてくれた本です。
不登校だった子供も毎日登校しています。

この本を読んで実行し、一組でも多くの親子、家族が救われますように。

かよさん

小学4年生の子どもが2学期の途中から頭痛や吐き気を訴えるようになり、学校に行けなくなりました。

小児科、漢方内科、脳神経外科、神経内科…いろいろな病院に行きましたが異常なし。スクールカウンセラーにも相談しましたが改善せず。
病院で異常が見つからず、毎日部屋で寝て過ごす子ども。このままずっと続いたらどうしよう…と不安でいっぱいでした。

Amazonでベストセラーになっていた本書を購入しましたが、最初は読み流しただけでした。心療内科の受診予約をしましたが、初診のため受診まで2ヶ月待ち。この間にできることをしようとコンプリメントトレーニングを申込みました。

初めは半信半疑でしたが、先生の教え通り「〜する力がある」とコンプリメントを始めたところ、子どもの持つたくさんの力に気づくことが出来ました。子どもの良い所を見つけようと注意して見るようになり、コミュニケーションが増えました。

少しずつ元気を取り戻した子どもは、2学期の終業式には1日登校できるようになりました。心療内科の予約はキャンセルしました。
まもなく3学期が終わりますが、1日も休まず登校できています。



created by Rinker
¥880 (2022/12/02 20:48:15時点 Amazon調べ-詳細)



子どもが不登校になったら読む本——すべて解決できる〝笑顔の処方箋〟

子どもが不登校になったら読む本——すべて解決できる〝笑顔の処方箋〟

子どもが不登校になったら、まずはママの心を元気にしましょう。

「家庭」が充電スポットになれば、子どもは変わります。

ママ自身がどうすれば元気になれるのか、どうすれば本当の笑顔で家族と関われるのかを、具体的にわかりやすく紹介していきます。


レビュー・口コミ

Rさん

ご自身が乗り越えてきたからこその説得力があります。

よく考えれば当たり前のことなんだけど、気が付かなかったこと、盲点だったことなどをわかりやすく教えてくれています。

Aさん

子育てや不登校で悩んでいる時のことが、母親にフォーカスしてわかりやすく書いてあります。

お母さんが元気でいるとか、お母さん次第とか良く言われますが、その理由やどうしていけばいいのかが、わかりやすく書かれています。

Kindleで購入しましたが、書籍でも欲しくなりました。

しらこさん

子供の不登校。でも、悩んで、疲れ切ってるのは子供だけではなくママでもある。

ママの元気が大切。

「まずはママから!」と一歩を踏み出す勇気を与えてくれる本です。

【残り2件の口コミを見る クリック】

Amazon カスタマーさん

小学生の子どもが学校に行き渋るようになって一年以上経ち、色々専門家に相談したり本を読んだり、声かけを工夫してみたり。
でも何も変わらず、状況は悪くなるばかりでした。
そんな時に、たまたまこちらの本の表紙が目に留まり、すぐに読んでみたくなりました。

とても読みやすい本でした。
これまで読んだ不登校関連の本とは違い、こういう声かけをしたら良いですよ、という対応が書かれているのではなく、表紙にもありますが、まずママ自身が元気になり、家庭を居心地の良い安心できる場にすることで子どもは充電できて元気になる、ということで、子どもが何故しんどくなっていったのか納得でした。
自分が今まで心当たりがありながら避けてきた課題である夫婦関係についても、この本を読んだらやはり向き合う必要があるなと思いました。

不登校だけでなく、子育てや夫婦関係に悩んでいるママにもおすすめしたいです。

けいさん

不登校を子供だけの問題とせず、親、夫婦関係、家族関係すべてを見つめ直すことで、自然と子供が動き出す。それが書いてあります。

不登校に関する色んな知識を得て、色んな対応を子供にしているのに、子供は全然元気にならない。休ませているのになぜ?そんな時にぜひ読んで欲しい本です。

子供はなぜ不登校になるのか。学校に行かない間は何を考えているのか。なぜ動き出せないのか。思いもよらなかった答えがここにあります。

そして、子供が元気になるということは、まずは親である自分自身が元気になると言うこと。
必然的に家族関係も改善されます。

人生を見つめ直すことができる一冊です。






子どもが不登校になっちゃった!

子どもが不登校になっちゃった!

元・不登校の娘を持つシングルママが赤裸々に綴った、不登校生活から娘を脱出させるために苦悩した約5年間(中学1年の3学期から高校まで)の軌跡。

親としての数々の失態、親子の葛藤を通して、自身が感じ考えたことのほか、その過程で、手当たり次第むさぼるように勉強した、心理学、親業などを元に不登校を脱出する方法を紹介。


同じように悩む子育てママたちの心に、優しく、ときには厳しく、寄り添います。


レビュー・口コミ

不登校歴半年。さん

とてもわかりやすい本。親の気持ちの記載も、まさしくその通り!!と共感しかありません。

娘の不登校、これからどんな経過を辿るのか不安でしたが、この本に出会い心に余裕ができました。先生にも読んで欲しいです。

YMさん

本が届いて一気に読みました。目からウロコがたくさん落ちました。「現状を打破したい!ともがきながらやってきたことが、自分の首を絞めていたなんて思ってもいませんでした。

特に、良かれと思って子供に言っていたアドバイスや提案が逆効果と知って驚きました。子供の言葉を受け取るのではなく、その奥にある子供の不安な気持ちや助けて欲しいメッセージを受け取る。実際に、この本に書かれていることをやってみると、今まで部屋にこもりがちだった子供が笑顔で話してくれるようになりました。いかに私は子供の気持ちを受け止めず、アドバイスや提案ばかり言っていたのか!と実感しました。

そして、著者自身が同じ苦しみを体験されているからか、読んでいてもスッと胸に入ってきて、あっ、そうだったのか!と気づくことができました。
内容も盛りだくさんで、私の本は付箋だらけになりました(笑)。
本に書かれていることは、心理学のきちんとした根拠に基づき、わかりやすく「なぜ?」「どうすればよいのか?」が分かります。
子供の接し方の実践方法も具体的に書かれているので、試行錯誤しながらですが実践しています。

【残り3件の口コミを見る クリック】

Amazon カスタマーさん

私もまさか、家の娘が…という感じで不登校が始まってしまいました。

どうして良いのか分からず、手当たり次第に本を買い、手当たり次第に相談に行き…うんうんとうなづく事はありますが、でもなんかピンとこない…そんな中、この本に出会いました。

読んで行けばいくほど、コレか❗️とやっと何か答えが見つかった気がしました。

この本が全てではないにしろ、方向性が決まった気がします。後は祖父母との関係など、まだまだ、課題はありますが、少しずつ進んで行ければと思います。

アール2さん

あとがきの「不登校は、結局、私の問題だった」。
この書の真髄はここでしょう。

ランさんが不登校の子どもを持つ母親として自問自答した日々。
「ヘドが出るほどつらい毎日」を経てたどり着いた自分自身の答え。
その〝実績”が行間ににじみでるから、ブログにも本にも惹きつけられるんだろうな。

イラストがかわいい。
読みやすくて、わかりやすくて、あっという間に読めます。
そして知りたいことがきちんと書かれているので、何度でも読めます。

はるさん

どうして不登校となるのか、不登校はどのような段階を踏んでいくのか、その時どうしたら良いのか、実体験とたくさんの本を読んで吸収した知識から書かれています。

不登校に悩まれている方にぜひ読んでもらいたいと思う内容です。



created by Rinker
¥1,287 (2022/12/02 21:36:59時点 Amazon調べ-詳細)



不登校は9タイプ: 教室復帰の7ステージと不登校の抱える6つの不安心理の説明書

不登校は9タイプ: 教室復帰の7ステージと不登校の抱える6つの不安心理の説明書

本書のテーマは、
「不登校解決の具体的なステップ」です。

不登校を解決する為に必要な基本知識が3つあります。

1:不登校のタイプ
2:不登校の本音(不安)
3:不登校解決のステップ

この3つを知っていれば、あなたの抱えます。

不登校問題の大部分が解決してしまいます。


レビュー・口コミ

reidolphinさん

息子が不登校のため参考にさせていただきました。

何から始めればいいのか色々わかり、息子との関係性の見直しをしていかなくてはと考えさせられる本でした。

アイアイさん

次男が中1GW明け頃から体調不良で休んでから、半年になろうとしています。

色々な方の書籍を読みかえって気持ちがこんがらがったりもしましたが、青田先生の発信内容が一番府に落ちました。

Mrs.ミカサさん

不登校の原因、不登校になっている子供の心理、克服への段階が、大変分かりやすく書かれています。

この本は、「不登校になる子供は、根性がない子、ずるくて怠け者の子。そうした子供を育ててしまった自分はダメな親。」そのような間違った考えに苦しめられている子供とその親御さんにはもちろん、学校の先生を始め、不登校に少しでも関心のある人に読んでもらいたいと思います。不登校についての認識が改められます。

【残り1件の口コミを見る クリック】

つなぐさん

子供の今の行動とその心理がよく理解できたことが何よりです。
この本を通し学ばせていただきました。
心理がわかると、行動が理解できます。
ただ、親も人間、頭でわかっていても、意識しないと理解できない時もあります。そんな時、まだまだ、学びが足りないな、と感じています。

色々なタイプがあることを知りました。
うちの子供の場合については、とにかく、彼の世界に入っていくこと、それが何より大切だと思っています。世界に入って行くことさえできれば背中を押してあげられる。
いまは、そんな思いです。強い個性と鋭い感性を生かせる道を見つけられるように。






不登校は子どもからの「メッセージ」 不登校から抜け出し家族に笑顔を取り戻す習慣

不登校は子どもからの「メッセージ」 不登校から抜け出し家族に笑顔を取り戻す習慣

子どもが不登校になると、親は暗いトンネルの中にいるようです。

先が見えなくてどうしたら良いかわからない、子どもの考えていることが全くわからない、家庭が暗くて笑顔がない、ひきこもりになったらどうしようと心配、夫や義父母、両親から責められてつらい……などお悩みではないですか。


本書は、母親の視点と心理学・脳科学の要素も織り交ぜたカウンセリングで多数のご家庭に笑顔をとりもどした経験をもとに、不登校から抜け出すための具体的なヒントが満載です。

きっと今日からでもできることが見つかり、家族に笑顔が戻る日も近いでしょう。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

息子が不登校で悩んでいる時にこの本と出会いました。

子供をどうにかしようと思ってきましたが、子供を変えるのではなく、母の心の持ちようを変えると自ずと子供も変わっていくというお話でした。

本のように実践すると、実際に子供に変化が見られました。悩んでいるお母さんにおすすめします!

Gさん

不登校になった子の、その行動、その態度のむこうにある心のこえを、丁寧に聞き取って、子供が自分はこのままでいいんだと思えるようになるためのスッテップを順番にわかりやすく伝えてくれています。

同時にお母さん側からの視点での子供への愛情や思いも否定せず、母親が自分を責める必要がないことにも触れてくれています。

言葉や行動を変えて、お互いの違いを認め、楽になり生きやすくなることで将来自分の根っこをしっかり張って生きていける、そんな将来を見据えた取り組みについて書かれています。

読後は、今すぐ学校に戻さなければ!と焦らなくても大丈夫と思えます。問題がないと思われるお子さんのご家族にも良い内容だとおもいます

【残り3件の口コミを見る クリック】

ラクマメさん

ご自身の娘さんの不登校を機に、さまざまな学びを深められ、不登校から難関国立大学合格を果たされた経験について書かれています。

ただ、内容は、大学合格がゴールというものではなく、起こるべくして起こった不登校から、いかに家族の笑顔をとりもどしたか、家族の機能を再構築したか、それがこの本のメインテーマだと感じました。

不登校ではないご家族にも、とても参考になる本だと思います。

まるさん

子どもが不登校になり、色々な不登校に関する本を読みました。

この本が1番印象に残りました。お悩みの方は読んでいただきたいです。

Amazon カスタマーさん

不登校の子を持つ親です。
必要な考えがぎゅっと詰まった本です。
耳の痛いことも書いてありますが、自分の偏りが見えてきて、どのようにしたら良いのかが見えてきます。

不登校関連の本は他にも読みましたが、一冊の本にこれだけのことが書いてあるのは、なかなか無いと思いました。悩んでいる方は、ぜひ読んでもらいたいです。






学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

不登校で何かマズイことでもある?

不登校から高校生社長になった著者が、「学校に行かないという選択肢があること」と「正しい不登校のやり方」を伝えます。


みんなの不登校体験談、マンガも収録しています。


レビュー・口コミ

たかさん

現在不登校3か月の中一の息子がいるので勉強のために購入しました。

息子の力になる為にも、書籍を読み漁っています。この本も一度読んでおく価値はあると思います。

カバブさん

小5息子が休学中です。

著者、不登校経験者の方たちの想いが実直につづられていて、とても勉強になります。人生の豊かさを学べる本だと思います。

イーストkさん

とても分かりやすく、読みやすかったです。

どうしたって学校が合わない子はいるという事、ゲームばかりやるなと言い放つ私の母にも読んでもらいました。

学校が全てではない、他にも道は沢山あって子供には学校に行かない権利もある事を当事者として書かれており、大人になって素晴らしい活躍をしている事は子供が不登校になっている親に一縷の望みをくれた素晴らしい本です。

【残り2件の口コミを見る クリック】

さくらさん

中1の我が子が2学期から不登校になりました。私はこの事実を受け入れたくなくて、毎日泣いて悩んで苦しみました。

でも不登校の事を全く理解していない私は「今だけだ。必ずすぐ元に戻れる。私が何が何でも元の生活に戻してみせる!!」と思っていました。しかしなかなかうまくいきません。でもなんとか何かを変えないと!!と不登校に関するいろんな本や記事を読み漁りました。

たくさんの本を読んだ中でも、この本は本当に沢山のことを気づかせてくれました。作者の小幡さんが不登校経験者であることから我が子の気持ちと重ねる事ができました。自分自身の中には無かった考え方や、私が理解できなかった気持ちがとても分かってすごく視野が広がりました。
私自身の視野の狭さに気づかせていただきました。

今のありのままの我が子を受け入れて、私も成長していかないといけない。と気づく事ができました。本当にありがとうございました。

今悩んでいるお父さん、お母さんには是非読んでいただきたい1冊です。

八重桜さん

学校に行きづらい子供の参考になればと購入。

著者本人の経験談とそこから導き出された考えはとても参考になった。
学校は行かなくても勉強する方法、学歴をつける方法はある。
ただ、人との繋がりをある程度保つことは重要だと感じた。






友達ゼロで不登校だった僕が 世界一ハッピーな高校生になれたわけ

友達ゼロで不登校だった僕が 世界一ハッピーな高校生になれたわけ

小4から中2まで不登校、家庭内暴力、フリースクールでの恩師との出会いを経て、「世界一ハッピーな高校生」となり、SNSを中心に同世代に圧倒的な支持を集めるようになった著者が、「自分らしく生きる」ことを伝えます。


レビュー・口コミ

Amazonカスタマーさん

テレビで拝見して気になっていたよしくんの本。

テレビではただただ明るく面白い感じの子かと思っていたので本を見てビックリ。あっという間に読んでしまったけれどとてもドラマチックな人生を歩んできたんだなぁと思いました。

我が家にもどうも学校が好きではない、お休みしがちな子がいるのですが興味を持って自分から読んでいました。

境遇は違えど、よしくんの今ハッピーだ!と言っていることにすごく感銘を受けたようです。

よしくんのことが大好きな人はもちろん、今、学校が好きじゃないな。お友だちを作るのが苦手だな。と思っているお子さんにも読んでもらいたい本です。

Amazon カスタマーさん

なんか、泣けました!

この経験を通しているから今のよしあきさんがいるのだと思いました。
不登校で悩んでいる子には、是非読んでもらいたいです。

【残り1件の口コミを見る クリック】

keeeeeiさん

とても感動しました。

いじめについてなど深く考えさせられる内容でした!不登校の方などこのような経験をしてる人は是非読んでほしいです。

自分はいじめを軽く見ていたかもしれないです。。






-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.