おすすめ商品

独身の終活がわかるようになるおすすめの本7選【2023年版】

独身の終活がわかるようになるおすすめの本

この記事では、独身終活がわかるようになるおすすめのを紹介していきます。

独身者がするべき終活を知り、後回しにしてきた手続きを終わらせましょう!


2025年には全世帯の約4割(2000万世帯)が単身世帯になるとみられています。

単身者の増加に合わせて、おひとりさま向けの終活サービスも拡充されてきています。


ひとり終活大全

独身の終活がわかるようになるおすすめの本

「ひとり死」が当たり前の時代、元気なうちに準備を!

ずっと未婚、配偶者と死に別れ、子供は最初からいないか、成人して遠くに行ってしまった――。


最後はみんな“おひとりさま。

高齢者世帯に関心の高い相続や葬儀、墓のことなどを総ざらい。

万一の時に備えた終活の実際の手続き、専門家や法人に頼んだ場合にかかる費用や選び方、注意点なども網羅。


最期まで上機嫌に過ごすための情報をお届けします。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

そろそろ終活をしようと購入しました。

とても参考になりました。

直いい親父さん

現在65歳以上の高齢者世帯で単独世帯は約737万所帯で、今後この数はさらに増加するものとみられています。

子供もあてにはならないし、という事は、これからは結構高い確率でおひとりで終活をしないといけないという事になるのです。

当然ヘロヘロになってからでは終活の準備などできませんし、頭と体が健全なうちに色々準備をしておかなくてないけないのです。

保険、銀行口座の整理、不動産の書類、証券口座、しかし、最近はネット取引も結構多いので、暗証番号、パスワード、等をちゃんとわかるようにしておくというのも重要です。

そして、遺言書の作成・・・公正証書が確実だろうと思います・・・。

後、墓の維持管理をどうするのか?

さらに老後の1人の生活をどうするのか、再婚は?いろいろ悩ましいですね!!






この1冊で安心! おひとりさまの終活まるわかり読本 身の回りの整理から葬儀・相続の準備まで

この1冊で安心! おひとりさまの終活まるわかり読本 身の回りの整理から葬儀・相続の準備まで

いま、日本では「ひとり暮らし世帯」が急増しています。

2025年には全世帯の約4割、実に2000万世帯が「ひとり暮らし=おひとりさま」になるとみられています。


未婚、結婚したが離別・死別したなど、ひとりで暮らす理由はさまざまだが、中には身近に頼れる相手がいない人も多いです。

そうした人たちの不安の一つに「万が一、自分がこのまま死んだらどうなる?」というものがあります。

実際、人生最期の瞬間を、だれにも発見されずに「孤独死」で迎える人も増えています。


本書は、「孤独死して、離れて暮らす家族や親せき、まわりの人に迷惑をかけはしないか」「ひとり暮らしで認知症になったりしたら、お金の管理や身の回りのことを、どうすればいいのか」といった不安にこたえる一冊です。


内容は、葬儀・お墓や生前整理のことから、「高齢者向け住宅」「見守りサービス」の情報、そして知っておくと役に立つ「任意後見制度」「死後事務委任契約」といった社会制度までをやさしく解説しています。

元気なうちにやっておくべき手続きを集約した終活ガイドです。


レビュー・口コミ

キミニさん

長生きはするもんではないと思いながらの一人暮らし爺です。

色々終活について悩んでいましたが、この本を読んで不安は少なくなりました。

何をすべきかを端的に整理されています。

不安というものは完全にはなくなりませんが、やるべきことがわかればその不安は少なくなりますね。

norikoさん

今後知りたいことがわかりやすくまとめられていて文字・デザインも読みやすくなっている。

まだ全部を読み終えていないが、項目がわかれているので興味あるところから読むといい。

ネットでも調べられるが手元においてすぐ読めるのがよい。






おひとりさまの終活 お困りごとは死後事務委任で解決 自分らしい最期を叶える本

おひとりさまの終活 お困りごとは死後事務委任で解決 自分らしい最期を叶える本

「お葬式やお墓はどうしよう」
「もしも認知症になったら……」
「亡くなった後、だれが家を片付けてくれるの」

おひとりさまの老後は不安がいっぱいです。
でも、安心してください。

「死後事務委任」という仕組みを使えば、あなたらしい最期を、安心して迎えることができます。


終活のプロとして活躍する著者が、お葬式、お墓、老後の資金、急病からの要介護、認知症、相続、保険などといった、おひとりさまの終活の悩みを解決します。

「あの人らしい生き方だったね」と周りの人に言ってもらうためにも、本書を参考に、いますぐ準備をはじめてみませんか?


レビュー・口コミ

Amazonカスタマーさん

終活の特集記事を見たり、司法書士さんの書籍を読んだりしたことはあったのですが、法律の話などどうしても読み飛ばしていました。

この本は終活カウンセラーの方が書いた本なので、実際の相談例が多くどんなところで困るかのイメージがしやすく、非常に分かりやすかったです。
いろいろな制度のことも知ることができます。

自分の死後に迷惑をかけないということ、お金のことはもちろんですが、お葬式の選び方、お墓や仏壇のこと、老後の保険のことなど若いうちに読んでおくと不安が軽減されます。

usakoさん

この本のはじめに、最初に実例から読んでみてください、と書いてあり、そのように読んでみました。

死後事務委任という制度があるということも知らなくて、自分の両親が亡くなった時に、また、生きている間に何をしたらよいのか、どういうプロセスでお願いしていくのか、誰にどの部分をお願いするのか、など知ることができました。

終活カウンセラーから見た様々な相談者の事例から、これは今やっておかなければという気持ちになりました。そうすることによって、自分の生き方も変わってくるのではないでしょうか。

読んでいる中で、自分のことを知ることが大切という言葉が何度か出てくるのですが、そういうことからも、終活は、ただ事務的な知識があればいいのかということではなく、人それぞれの心の問題が如実に表れる活動だということを心にとめて、両親のことも、自分のことも終活をやってみようという気持ちになりました。タイトルにもあるように、自分らしい最期を叶えるために。






おひとりさまの終活「死後事務委任」――これからの時代、「遺言書」「成年後見制度」とともに知っておきたい完全ガイド

おひとりさまの終活「死後事務委任」――これからの時代、「遺言書」「成年後見制度」とともに知っておきたい完全ガイド

かゆいところに手が届く!終活に役立つ“書き込み式簡易ノート”付!

【病気】【認知症】【介護】【遺品の片付け】etc……

あなたの助けになってくれる制度を知り、手続きを踏んで備えておけば、死後だけでなく生きている間の不安さえも払拭できます。


どうすれば、安心して晩年を過ごし、死後の憂いなく安らかに眠ることができるのか。

・遺言書(1章)
・成年後見制度(2章)
・家族信託(3章)
・死後事務委任(4章)

などの制度を、身近に頼れる親戚がいない、あるいはいても遠い親戚だったりする、いわゆる“おひとりさま”が死んだあとについて、「生前に何を準備し、どうすればいいか」(死後事務委任)を法律&実務面から徹底解説!


“自分のこと”はもちろん、“親のこと”を手伝う際にも役立ちます!

この1冊で、不安は消える!


レビュー・口コミ

ライター希望さん

私の場合はまさに「おひとりさま」。現在は年老いた親と同居しているが、その親の「もしも」の手続きについても、自分自身の今後についてもためになる話だった。こういう話は人に聞きたくてもなかなか聞きにくいものなので、こういった指南書のような存在は心強い。

保険金の受取人と相続の関係は預貯金の場合と別に分けて考えなければならないこともはじめて知った。

自分に何かあったときに自分の意に沿うような形にするにはやはり生前に準備しておくことが大切だと改めて感じた。

Amazon カスタマーさん

有難うございました。

大変参考になりました。






家族に頼らない おひとりさまの終活〜あなたの尊厳を託しませんか

家族に頼らない おひとりさまの終活〜あなたの尊厳を託しませんか

家族に頼らずに自分が望むエンディングを実現するために準備すべきことを漫画、イラスト、図表を交えてわかりやすく解説。

信頼できる誰かに「自己決定=尊厳」を託しておく「尊厳信託」による解決方法を提案。

頼れる家族がいないことを原則と考えて準備すべき時代の必読書。


レビュー・口コミ

くわちゃんさん

めっちゃ勉強になりました。

実務的に考えるべき、老後の備えと相続の準備範囲がよく解説されています。
対応策となる選択肢もきっちり提示されていて、この本一冊の知識でかなりの準備ができる感じです。

まずは、いろいろ知ることで、安心できると思いました。

utahimeさん

今の自分を見直すきっかけになりました。

これからの人生を考えるための知識が掲載されていて勉強になります。

【残り1件の口コミを見る クリック】

旅人生より本当は家が好きさん

OAGグループさんの宣伝として「尊厳信託」という言い方をしていますが、家族信託のことですね。

財産がある人が「家族信託をしていれば人に迷惑をかけない」の指南なのですが、型ぐるしくなりがちな終活の話がとっつきやすい内容に仕上がっています。

今までOAGさんで扱ってきて問題になった「終活の盲点」が挙がっている印象。

レイアウトも読みやすく、話し言葉でかみ砕いて、OACさんに「終活プロデュース」のような、ホッとする良心的な印象を持ちました。

この本には、OACさんの具体的な委託料は載っていないのですが、今後「終活プロデュース業者」の需要が増え、明瞭会計の良プランも増える予感。期待しています。

この本の『はじめに』でも書かれています、『老齢期にまつわる不安に関連するワードが、テレビ、新聞、雑誌、インターネット上であふれています』と。

でも、今まで「同じ状況を経験した人」は過去にいるわけで、過度に不安に振り回されないように。

色々終活を調べて、おひとりさまでも、むしろ負担になる血縁がいない方が割り切れて、終活もきちんと準備してプロに任せる人生の方が安心ですっきり明るい人生を送れるのではないか。

最終的おひとりさまが増える今後、終活準備する人・しない人の「両極端」に分かれる気がする。






おひとりさまの親と私の「終活」完全ガイド

おひとりさまの親と私の「終活」完全ガイド

いつかはみんな、おひとりさま。

人生後半に頼れる仕組みづくり


シングルでも、結婚していて子どもがいても、女性は人生の終盤に「おひとりさま」になる可能性が高いのが事実。

「人生後半の危機」に備えて今からできることと、いざというときに必要な知識をたっぷり盛り込んだ1冊です。

これからの人生の不安を少しでも取り除き、前向きに生きていくためのバイブルとして役立ててください。


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。


レビュー・口コミ

yume1124さん

おひとりさまの人生後半の生き方&終活。
親と私の介護・墓・住まい対策。人生後半の「危機」の乗り切り方。
親が亡くなった後にやるべきこと。など。
どの項目もわかりやすくて、参考になりました。

漠然と不安に思っていたことが、この本を読むと具体的に考えることができて、整理されてくるので、建設的な気持ちになれます。

手元に置いて折に触れて何度も読み返したいと思います。

Asai Mikiさん

どんなシステムがあるのか、どんな書類が必要なのか、どんなプロセスか、蜘蛛の巣みたいな制度をかじり、もっとも効率的な方法を教えてくれます。

実際の申請書も掲載されているので、どんな項目か、また何を通知しなければいけないかを事前に知ることができます。

本の中身もゴチャゴチャしておらず、私個人は見やすいと感じました。



created by Rinker
日経BPマーケティング
¥1,000 (2023/02/07 19:07:17時点 Amazon調べ-詳細)



おひとりさまの終活準備BOOK

おひとりさまの終活準備BOOK

結婚していても、していなくても女性は最期「おひとりさま」いざという時に、困らない!慌てない!


・年金だけじゃ足りない!老後資金の作り方
・突然やってくる介護にどう備える?
・子どものいないおひとりさまの相続
・自分の死後、残る自宅はどうする?どうなる?


幸せなおひとりさま生活を満喫するために知っておきたいお金のこと・身のまわりのこと、親のこと。

ケーススタディでリアルな老後の準備が、図解で手に取るようにわかる!


レビュー・口コミ

littleponyさん

iPad miniでKindleアプリを使用してますが、四方回りの余白が多くて字が小さくなって終活世代の老眼には厳しい!
図解が多いせいもあるんだろうけど。

二本指で拡大するけどページ捲る時は元のサイズに戻さないと捲れないから、いちいち元に戻してめくるのが面倒!

安っぽいPDFのサイズ間違いのようで最悪。読み難いから本じゃなくて一枚一枚のチラシみたいな感覚になる。

Kindle専用端末だっだらちゃんと表示されるのかな?この本は、紙で買うことをオススメします。






-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.