おすすめ商品

夫婦仲を改善したい人におすすめの本8選【2023年版】

夫婦仲を改善したい人におすすめの本

ギスギスした夫婦関係を改善したくはないですか?

パートナーといがみ合いながら日々を暮らすくらいなら、仲良くやっていった方が良いに決まっています


この記事では、夫婦仲改善したい人におすすめのを紹介していきます。

なぜ夫婦仲が悪いのか?その答えがわかり、どのように改善していけばいいのかヒントを得ることができるはずです。


不機嫌な妻 無関心な夫 うまくいっている夫婦の話し方

不機嫌な妻 無関心な夫 うまくいっている夫婦の話し方

Amazonでベストセラーになっている書籍です!


夫婦がうまくいくとは、夫婦のコミュニケーションがうまくいくということ。

そして、コミュニケーションさえうまくいけば、二人の関係はうまくいきます。


基本から日常生活まで、夫婦の会話を円滑にし、夫婦のコミュニケーション不全を解決することで、結果的に夫婦関係がうまくいくようになる方法を伝えます。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

あまりに夫と意見が合わない、と言うよりも対話にならないので購入しました。
NGだけでなく、こういう風に話すと良いというOKパターンも書いてあるので助かります。

しかし、こういった本はたいがい女性側だけが読み、夫側はなかなか手に取らないものです。

取り返しのつかない状態になる前に、夫側が読んでくれると良いのですが。
読んでもらうにも一苦労でした。

そもそも自分から手に取るような男性は大丈夫だと思います。

Amazon カスタマーさん

読んでて反省と納得がいっぱいです。

夫婦喧嘩を何度もしてまして、離婚までしかけて、関係修復のために夫婦で同じ本を毎日1ページずつ読む約束をしました。
実用書を片っ端から買って読んでいます。

夫婦で共通の理解があったほうが不満を溜めなくて良いですね。

【残り8件の口コミを見る クリック】

fbergerさん

無精しないように、豆に連絡しないといけないのはわかるが、この本に書いてあることを自分だけが実践するのはなかなかに辛い。

夫婦二人で読まないと活用が難しいと思った。

でも、書いてある内容や、言い方はとても参考になりました。

わんこさん

読み放題で最初読んだのですが共感する部分が多く、読み放題だとハイライトを付けられる範囲が決まっているので実際の電子書籍を購入してしまいました。

夫婦のことはそれぞれの家庭で違うものの、我が家には当てはまっていて実行しようと思う点が多く大変参考になりました。

最近夫婦間がマンネリになっているなと思う方には是非読んで欲しい1冊です。

もじゃさん

あまり期待せず読んだのですが、参考になりました。
うちは結婚15年ですが、会話が多くあまり喧嘩になったことはありません。それでも、具体的な話し方などは参考になりました。また、意識せずやっているなと思うことも多くありました。

よく女性は共感を求める、と書かれている本がありますが、私は合理的な思考やアドバイスが好きで、共感をあまり求めません。この本はそういう性別決めつけの部分もなく、安心して読めました。

かずまるさん

夫婦関係に悩んでいた時にこの本に出会いました。

夫婦は他人であるというフレーズから始まり、出てくる格言はどれも的確で、時に自分がしてきた言動が恥ずかしくなるほどでした(笑)

夫婦生活が長い人も今から夫婦生活を始める人も非常に参考になる良書でした!

めるみさん

タイトルに惹かれ、発売日に購入!

これから心掛けていきたいと思った気づき3点

①夫婦は戦友。夫婦としてのビジョン(家族のあり方、子育て方針など)を考える。
②夫婦関係は健康同じ。無理なことは破綻につながる。日頃のメンテナンス(感謝を言葉で伝えるなど)を行う。
③とにかく会話。話す聞く。情報を共有する。(仕事のことでも何でも)

家族や夫婦が良好な関係にあってこそ、仕事のパフォーマンスがあがり幸福に近づけると思う。
仕事を理由に家族を犠牲にするのは時代遅れだと思う。

すみっこさん

自分がついやってしまう良くない言動、相手にされてイライラする言動、どちらも沢山あって気をつけていこうと反省するいいきっかけになりました。
夫婦どちらも読むべきです。

一見わかっていると思うことでも、第三者によってわかりやすく整理されて解決策の提案までしてもらえると、感情的にならずにしっかり問題について考えられて、とても良いと思いました。

みゆきさん

ちょうど昨日、壮絶なケンカをして途方に暮れていたところ、助けを求めるつもりでこの本を読んだ。

そこまでかちっと実践するのは難しいかもしれないというのが、大まかな感想。けれども、考え方のエッセンスはとても勉強になった。
夫であっても、結局は他人と思いなさいということ。他人と接するようにすれば、失礼もないし、怒らせることも少なくなる。

夫に対する甘えが、争いの原因になる。他人だから阿吽の呼吸で伝わるわけがない、だから敬意をもった上で伝えたいことは伝えるし、相手の話もちゃんと聞いてあげる。

「夫婦が基本、夫婦仲がいちばん」
夫婦仲がうまくいけば、すべてがうまくまわる。本当にそう思います。

夫婦関係でなにかうまくいってないぞと思ったときに、また読み返したいと思う本。

Amazonカスタマーさん

はじめは僕一人で読もうかなと思いましたが、これほんと、夫婦で一緒に読むといいと思いました!

まずは夫婦のタイプを1)恋人タイプ、2)戦友タイプ、3)同居人タイプの3つに分けるところから、お互い「うちは戦友タイプだよね!」と盛り上がり。うちはまさに「夫婦」という企業を一緒に経営している感じなので!

そこから家事分担、時間とお金の使い方、日常生活という夫婦のよくある一面を切り取り、1つ1つこれは〇だよね、これは×だよねと一緒に見ていきましたが、ほんと男性から見ても、男性あるあるの世界が広がっていて、笑っちゃいました。

読んでて、「うわ、これもやってる!これも!」と気づくことが多くて、でもなかなか一人だと気づいた後にすぐ変わることも出来ないので、横で「そうだよ、こう言うんじゃなくてこう言ってよ」みたいに妻に言われるのが一番効きそうだなと思います(笑)

それにしても、ほんと言葉の選び方1つで相手に与える印象が全く変わってくるんですね。。。これからも気を付けながら、夫婦円満を目指していきたいと思います!






「離婚だ!」から90日 夫婦仲修復 ダイアリー「モンスター妻」から「あげガール妻」へ!

「離婚だ!」から90日 夫婦仲修復 ダイアリー「モンスター妻」から「あげガール妻」へ!

嵐の夜。夫から突然の離婚宣告・・・

失意のどん底のうちに、「なんとか修復したい」という思いを胸に夫婦仲相談所の門を叩いた、アラサーバリキャリ妻・咲生(さき)。


相談員・ひかりとのセッションを通し、自分が「モンスター妻」であったことを猛省。

その後、セッションを重ねる中で、咲生は、本当の自分らしさに気づくとともに「あげガール妻」として理想の夫婦へと進んでいく、咲生とひかりの90日物語。


レビュー・口コミ

さとんさん

離婚宣告され、もう修復不可能だと合意したところでしたが、どうしてもやり直したいという気持ちが捨てきれず、ひっこ先生のYouTubeにたどり着き、この書籍を読んでみました。

私でもやり直せるかもしれない、私が変われば旦那の気持ちが戻る日が来るかもしれないと、ようやく前向きな気持ちが持てました。

同じ状況の方にぜひ一度目を通してほしいです。

みーさん

夫婦修復を自分なりに考えて実践しましたが、相手の気持ちが離れていくばかりで、この本を読み自分が良かれと思ってやっていたことが逆だったことに気付けました。

あげガール妻になれるよう頑張ります。

【残り6件の口コミを見る クリック】

R.Kさん

夫の不倫後再構築することに決めましたが、半年以上たっても疑うことしかできず夫に優しくなれない自分に嫌気がさし、YouTubeでこちらを知り一気に読みました。

働きながら小さい子供もいるなか日常生活を過ごしながら自分を変えていくのはなかなか難しいですが、夫の行動は気にしないように心掛け、自分軸で行動できるよう頑張っていきたいです。

のんさん

とても読みやすかったです。私はモンスター妻でした。
良かれと思って頼らず自分で決めてやってしまって、こんなに尽くしているのにと勝手に疲れて機嫌が悪くなり夫に感情をぶつけていました。

チェックシート自分にも夫にもチェックが1つもはいりませんでした。
自分も夫も大事に出来ていなかった事に気づきました。
まず1個だけでもチェック入れられる様に頑張ってみようと思います。

Amazon カスタマーさん

私も離婚宣告されて、危機的状況です。

夫婦関係改善のために藁にもすがる思いでいろいろ探していてたどり着きました。
自分が望む未来は、自分が作れるんだ、という事に気づき希望をもらいました。

未来の自分や家族のために、実践してみたいと思います。

Amazon カスタマーさん

夫に離婚宣告され、辛く苦しい日々を過ごしている中この本に出会いました。
私はこの本に出てくる主人公と同じことをしていたと気付きました。
同時に、夫は本当に苦しかったのだろう。と涙が出ました。
出来ることなら修復したい。
本気で自分を変えようと決心できました。
この本に出会えて本当に良かったです。

うぇんでぃさん

半分読んだところです。
分かってるつもりだったことを的確に書いてあり心が痛くなりつつも、どうしていけばいいかを書いてあるので、本気で頑張ろうと思えました。
今まで曖昧にしてたことだったのでとても
勉強になります。
後半もヒントをもらってあげガールになりたいです。

Amazon カスタマーさん

どうすれば離婚できるか、夫からモラハラやDVを受けているけど、離婚しない。って本は沢山あるけれど、自分がモラハラ妻だと気がついて、修復する本はあまりないので参考にしたいです。






だからモメる! これで解決! 男女の会話答え合わせ辞典

だからモメる! これで解決! 男女の会話答え合わせ辞典

「え、なんで怒るの」?がなくなる。
夫・妻の言葉の違い、翻訳します!


希望と期待で結婚したはずなのに、実際結婚生活が始まると、なぜか些細なことで口ゲンカになったり、すれ違ったり、ギスギスしたり…。


本書は、そんなすれ違いを男女それぞれの「言葉」の捉え方の違いで紐解いていく本です。

同じ日本語を使っているから、自分の言いたいことが伝わっていると思いますが、その捉え方は実は単語レベルで、男女で大きく違うのです。

わかりやすい男女の違いを例にとり、「あるある!」と笑いながら、夫婦のすれ違いや誤解をほどくことができる一冊です。


レビュー・口コミ

あんなさん

夫婦関係に行き詰まった時に、色々Kindleでサンプルを読み漁り、その中でこれは必読かなと勘で思い購入しました。

頷ける事ばかりで大笑い、泣き笑いで読み終えました。旦那は読みたがらないけど、、、夫婦で読んで損はないと思います。
どちらかでも一読すれば、こじれた関係も幾分改善されるのでは、、、と思います(個人的には)。

Kindleのお客様さん

男女の言葉、事象に対する反応の特性、ボタンの掛違いを防ぐ為のノウハウをシンプルに伝授。

多様性の無さにムッとする方もあるかもですが、この両極の何処に自分があるか、考えるのも一興。

まずはパートナーとのコミュニケーションにお困りの方々にお勧め。

職場で異性の部下の扱いにお困りの方には、バイブルとなり得る一冊です。

【残り4件の口コミを見る クリック】

そらさん

結婚して30余年、なぜ分かり合えないのか…?少しわかった気がしました。
お互いに完全にオトコでありオンナでありました。
ただそれだけです。
夫以外の男の人はひょっとしてこんな風ではなくてもっと素敵な男性なのかも、、と考えたことも多々ありました。
しかしながら根本的に男と女はこんなにも発する言葉の意味さえも違うのです。お互い違う星の人。同じ母国語を話すけど意味を誰かに翻訳してもらわないと本当はいけない。

だとしたら、どんな意味で発している言葉なのか?を好きな人との結婚のために「他星人の言葉」を勉強しておくことはとても大切なのかもしれません。これでようやくコミュニケーションが普通に出来るレベル。
こんなことに人生後半戦で気付きました。
気づかないよりマシかもしれないですが。

家庭の基盤となる夫婦の会話の翻訳書でした。
軽く書かれているようで、実はとても内容が深くありがたく読みました。

ちささん

男性脳と女性脳の違いが、簡単に分かる本です。

私は女性なので男性脳の考え方の一部に、「どうでもいいな〜」と思う所もありましたが、男性から見た女性脳もまたどうでもいい事なんだと思います。

この違いを認め尊重したら、一つのものになるのだと思いました。

Maiさん

旦那に対して、イライラしてしまったりケンカしてしまったりすることの原因がよく分かりました。
この本を読んだ後で、今までイライラしていた旦那の行動を思い返してみると、そうだったのか!と納得がいくことが多く、基本的な男女の違いを頭に入れて置くだけで、無駄に傷ついたりイライラすることも減り、仲良くなりました。

こちらがどんなに大変そうに忙しそうに家事をしていても、旦那はソファでテレビを見て笑っている。。限界まで我慢していますが、イライラMAXになり「どうして手伝ってくれないの!」とキレたところ、「手伝って、って言ってくれれば手伝うよ!」「見てれば分かるでしょ!」みたいなケンカがしょっちゅうだったのですが、「男性は察することが苦手」「頼まれない限りは余計な手出しをしないのがマナー」というような特徴を知ったことで、本当に気づかなかったんだ、とか、頼んでないのに手を出すのはお節介だと思ってたんだ、と分かり、夫に聞いてみたら本当に「そんなの言ってくれなくちゃ分からないよー」とか「だって必要だったら頼むでしょ?」みたいな答えが返ってきてびっくりしました!
実際にちゃんと頼んでみたら、すぐに手伝ってくれて感激しました。
結婚生活も長いのに、夫のことを全然分かっていなかったのかもなぁ、思い込みだけでイライラしていたのかもと理解するきっかけになっています。まさに答え合わせですね!

男性のことだけでなく、女性の心理の説明も書いてあるので、夫に自分を理解してもらう為に読んでもらうのもいいかもと思いました。この本を読んで女性心理を理解して対応してくれる男性がいたら絶対にモテると思います(笑)もちろん、男と女というだけですべてが当てはまるわけではないですが、この本を基に夫婦で話し合ってみることでオリジナルの違いが整理しやすくなりそうです。

誰にでもわかりやすくイラスト付きで楽しく読めました。これからの結婚生活を考えると本当に読んでよかったと思います。熟年離婚無くなりそうです(笑)

前さん

これは目から鱗!!
どおりで男と女でケンカになる訳だ。
これをしっかり理解すれば、夫婦ゲンカも恋人ゲンカも親子ゲンカも男女にまつわるあらゆる争い事が減ると思う!!凄い本だ!






なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

なぜ夫婦はこうも相容れないのか!?

「夫婦なのに夫婦じゃないような気がする」
「夫(妻)の気持ちがわからない」
「些細なことでケンカになってしまう」
「もっとお互いを理解し合いたい」


そんな悩みをもつ夫と妻のために、夫婦問題カウンセリング7000件の実績をもつ著者が、これまでの相談内容から導き出した解決方法を紹!


何らかの問題を抱えている夫婦にも、ひとり頭を抱えて悩んでいる夫・妻にも、「うちは問題ない」と思っている人にも役立つ一冊!

夫婦関係はちょっとしたコツさえつかめばうまくいく。

いま以上に生きやすく、潤いのある人生を構築するために、ぜひお読みください。


レビュー・口コミ

けいさん

別に仲が悪いわけではないけど、なんとなく今の夫婦関係に不満がある人にオススメ。

自分の場合時々妻に怒られることに対し、??がつくことが多かったのですが、この本を読んで自分の振る舞いを振り返ると怒るのは当然だよなと納得してしまった。

夫婦だからそれぐらい言わなくてもわかるだろというのは禁物。
愛する妻だからこそ、思いやりをもって丁寧に接しなければいけない。
そんなことを考えるようになると自分の行動も変わり始め何となく妻の対応も柔らかく優しくなってきたこの頃です。

Amazon カスタマーさん

もっと早く読んでおけばよかった。

夫にストレスを日々感じており、この本を読んだら余計にイライラしました。
おそらく、この本を読んで解決する次元は過ぎていたからだと思います。

とはいえ、配偶者の思考回路を知りたい人には役立つかもしれませんね。

【残り4件の口コミを見る クリック】

コナンさん

仕事柄、夫婦問題カウンセラーさんとはいろいろと関係していますが、この本は今後の僕の仕事上、プライベートにおけるバイブルの1つになります。

内容はとても参考になることが多いのに、とても読みやすいです。

人にもお薦めしたいので、追加で2冊購入しました。

yukakoさん

この本すごいです!
常日頃から思っていた疑問が一気に解決しました。

男と女の考え方が違うというのはわかっていましたが、具体的には理解していなかった。。。

たくさんの夫婦症例が紹介されていて、まるでウチの中をのぞかれているみたいで恥ずかしかったですが、夫の胸の内を初めて理解できました!

これを読めば、お互いの言動、行動の本当の意味がわかり、夫婦円満間違いなしです!!!
今日から私もやさしい妻になれそう♡

「うちはまったく問題がないから~」と言っているあなた!
そういうご夫婦が危ないんですよ~~~~~~~。

ご結婚されている方みなさんに自信をもっておススメします。

六角 明雄さん

タイトルの通り、私はかみさんから「何もしてくれない」と言われ続けていました。

なぜ、そんなことを言われるのかわからないでいましたが、この本を読むと、心当たりのあることばかりでした。

特に、「熱っぽいときって、冷たいフルーツゼリーとか食べたくならない?」という女性の質問は、「必ずフルーツゼリーを買って来なさい」という強い命令だったということを、この本を読むまで知りませんでした。

自分の「女子力」の低さを実感させていただいた本です。

ぷうさん

主人に見せたくて購入。
でも、私自身も読んでみて、とても考えさせられる本でした。
いくつかの事例が、どこにでもある夫婦の姿で
我が家でも、あと一歩でこんな状態になるかなーと思ったり。
仲良くいたいから、二人で考える良い機会をこの本からもらいました。






夫婦・カップルのためのアサーション:自分もパートナーも大切にする自己表現

夫婦・カップルのためのアサーション:自分もパートナーも大切にする自己表現

夫婦やカップルの日常的なかかわり方や問題を、自分も相手も大切にするアサーションという自己表現の視点から考える。

夫婦関係に特有の関係性や周囲から受ける影響を理解し、自分と相手の違いに気づいたうえで、自分も相手も大切にしながら気持ちを伝える方法が具体的にわかる。

カップル・セラピーや家族心理学の知恵を活かして二人の関係を見つめ直し、前向きにコミュニケーションがとりあえるようになるヒントが満載。


レビュー・口コミ

はなさん

夫婦関係をもう一度見直したい方に読んでいただきたいです。本が苦手な私にも読めました。

夫婦関係において、自分のこういう部分が問題だったんだ、自分てこういう所あるなあ、という自己理解に役立ちました。

私は非合理的思い込み(文章内で詳細に説明されています)が強いために、夫に対し攻撃的な態度を取っている事を知った時、スッと納得できました。

他にも実家との距離が近すぎるため夫が疎外感を感じているなど、なかなか普段は指摘されないけれど確かにそうだよな、と新たな気づきのある本でした。

Amazon カスタマーさん

読み進めながら、ああそうだっのかと自分の気持ちに気づき、解放されて泣きました。

夫婦関係に悩んでいる真っ只中の闇の中、差し込む光のような本でした。独身の方にもおすすめ。

【残り2件の口コミを見る クリック】

natural 1さん

夫婦での子育てや日常生活での考え方の相違が多く、衝突が最近多くなり少し悩んでいたところわたしの好きなメンタリストDaiGoが推奨していたことがきっかけで、この本に出会いました。

同じ過ごすなら気持ちよく過ごせるように、お互いに自分らしさと相手らしさを大切に尊重し合える関係を目指してスキルアップしていきたいと思います。具体的、掘り下げた内容でわかりやすかったです。

読むだけに留めず、これからきちんと実践していきたいと思います。

Amazon カスタマーさん

本当は関係を良くしたいと思っているのにうまくいかない。

負のスパイラルとは良くいったものだと思いますが、この本は夫婦関係改善に役立つ1つのヒントだと感じます。

自分とパートナーを大事にするコミュニケーション、相手に感謝の心を持つマインドセット、思った時に感謝や労いとセットに提案や自分の素直な気持ちを表現すれば、自分が楽になるのではと思った素晴らしい一冊でした。

ありがとうございます。






離婚回避のトリセツ 夫婦がずっと幸せでいられる25の秘訣

離婚回避のトリセツ 夫婦がずっと幸せでいられる25の秘訣

「できれば離婚を避けたい」「元の円満な関係に戻りたい」「パートナーの愛を感じ、ずっと幸せでいたい」そんなあなたへ!
ふたりの愛がよみがえり、円満夫婦へと変わっていく方法をお届けします。


本書には「すれ違い夫婦」から「仲よし夫婦」へと変わっていくヒントの他、新婚当初のラブラブ夫婦に戻っていける秘訣も満載。結婚生活27年に及ぶ私自身の経験をはじめ、2万人以上の相談から見えてきた改善法、数々のクライアントを円満夫婦へと導いてきた「生きた知恵」もちりばめました。

本書に書かれていることをご自身に当てはめてみることで、解決のヒントが浮かび、あなたが理想とする本来の夫婦の姿へと近づいていくでしょう。


「妻の気持ちを知りたい」「夫の愛を感じたい」方はもちろんのこと、これから結婚しようと思う方、まだ特定の人がいない方にもオススメの一冊。円満夫婦の切符を手にし、愛を復活させてくださいね。


レビュー・口コミ

ねむいぬ。さん

夫婦間は会話が大事というのは誰でも分かっている事ですが、会話がキャッチボールではなくドッヂボール(相手にぶつけて終わり)になっている夫婦が離婚に向かうのではないかと思ってます。この本には、それを回避する沢山の方法が書いてあります。

自分達夫婦は約30年の付き合いになりますが、本の内容に共感する部分が多々ありました。
夫婦の形は色々あれど、気を付ける事は一定のセオリーがあるのだなと感じました。

男女それぞれの立場から書いてあるので一方的な意見になっていません。
筆者の体験談を織り交ぜ、分かりやすく納得出来る文章になっています。自分的には、「夫婦のミーティング」の章に出てきた「クリアリング」がこの本のポイントです。

離婚回避だけではなく、普段良好な夫婦関係を保つ為にも役立つと思います。夫婦で読める本です。

ラストサムライさん

最初は「この人だ!」と思っても、次第に合わなくなってくる。
そのうちに一緒にいるのが苦痛になり別れてしまう。

夫婦のいざこざはどちらが正しいと言えない所があり、解決の糸口がなかなか見えず、こじれると収拾がつかないことが多い。

そんな状況でも挽回できる方法を本書は教えてくれる。

夫婦や家族は利害関係がないだけに、良好な関係でいるのが難しい。
逆に言えば、仲良く円満でいると物事がうまく進んで行きやすい。

本書は男女、年齢問わずバランスよく書かれており、参考としやすい。
全部が全部できるわけではないが、書かれているヒントを元に、少しでも取り入れることができれば、状況は変わってくる。

社会が不安定で先行きが見えない時代、そんな中でほっとさせてくれ、力強く背中を押してくれると思う。

未婚・既婚を問わず役立つ本。

【残り4件の口コミを見る クリック】

さとちゃんさん

本書には、夫婦生活で大事にしなければならないことが書かれていました。

特に夫婦間のコミュニケーションの取り方についても書かれており、妻や夫に対し、言わなくてもわかるだろうとか、きちんと説明してほしいなど、どのようにコミュニケーションを取っていけばいいのか、わからなくなることがあります。
そこが、わかりやすく書かれていました。

ユーモアを入れながら、思っていることが少しでも言えるようになることが、相手を思いやることへのはじまりだと感じました。

トオルさん

離婚回避の具体的な方法を知ることができた。
今回書かれていた内容は、夫婦関係のみならず、友人関係や家族関係にも活用できると感じた。

結婚と聞くと、ついつい良いイメージのみを抱きがちだが、もちろん良いことばかりではない。
そのことを、結婚前に知っておくのと、結婚してから知るのとでは相当な差があり、結婚した後に知ったとしても手遅れになる可能性がある。

そうならないために、離婚を避ける方法を結婚前に知っておくことは大事である。
「夫婦といえども、もとは他人」という言葉が印象にのこっている。

本書の中にある、クリアリングや夫婦のミーティングは、普段やらないので、生活の中に取り入れるのは簡単ではないと思うが、実際にやってみるとかなり効果がありそうだと感じた。

この本に説得力があると感じたのは、著者が実際に離婚の危機に陥ったことがあるからだ。そんな著者が書いた本なので、どうすれば離婚を避けられるのかが分かりやすく書かれていた。

さすらいの小人さん

離婚回避のトリセツを読みました。購入に迷ってる方や興味がある方の参考になればと思います。

こちらの本は、どうすれば円満な夫婦関係を築けるのかを現実的な対応で書かれています。
作者自身も、過去に夫婦関係に悩まれてきたようで、より良い夫婦関係の在り方については、信憑性が高く、私はとても参考になりました。

特に、クリアリングについては、この本の目玉といった内容ではないでしょうか。
このクリアリングが、とても面白い内容で本に書いてあることを実際にやってみると中々の気恥ずかしさがあり、お付き合いしてた頃の初々しさを思い出すかもしれません。

これから、結婚をする方や結婚していて夫婦関係に不満を持っている方は、購入して損はないと思います。

rintarouitさん

結婚生活に関わらず日常生活でおこりやすい男女関係や人間関係の課題や問題になるきっかけをわかりやすく取り上げながら気付きを通して、よりよくしていくストーリーのような教えでした。
力任せな解決法や思考の押し付けでないところに共感が持てました。
幸せな家庭がより増えるきっかけになる気がします。






妻のトリセツ

妻のトリセツ

理不尽な妻との上手な付き合い方とは。

女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう!


妻が怖いという夫が増えている。ひとこと言えば10倍返し。ついでに10年前のことまで蒸し返す。いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。人格を否定するような言葉をぶつけてくる。

夫は怒りの弾丸に撃たれつづけ、抗う気さえ失ってしまう。

夫からすれば甚だ危険で、理不尽な妻の怒りだが、実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである(俄には信じ難いが)。


本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。

「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

内容は主に女性脳の説明です。男性が女性脳のロジックを理解するための参考書みたいな感じです。

男性は女性脳の理解が深まります。女性脳のロジックが理解できるので、私は相手を「許せる」事が出来るようになりました。

男性向けの内容ですが、女性が読んでも有益みたいです。知り合いの既婚女性曰く「男性脳の考え方が分かって、ためになりました」だとの事です。

ムジョさん

結婚前は底抜けに優しかった嫁が鬼のように豹変してしまった事に悩んでいたが、本書を読んで納得できた。

これから結婚する友人がいたら、この本を贈りたいと思う。

【残り5件の口コミを見る クリック】

Kindleのお客様さん

昔はデレデレだったあの妻が何故理不尽に怒り、何故僕に当たり散らかすのか理由が分かりました。

そして、僕が変えていくべき所そして、女性の性質上、夫が許容するしかない所。

逆に、女性が夫を許容するしかない所が分かり、気持ちが軽くなったように気がします。

850さん

学校では教えてくれないことだけど、これを読んだら8割の家庭は離婚せずに理解?しあえて円満な家庭が築けるのではないかと思ったのでこんな授業があったら良かったのになと考えながら読んでいました。

まさに取説という言葉も適切で、これを読まずに夫婦喧嘩してるのは、取説見ないで失敗し続けるほど愚かなことだと感じました。

そんな良書なので、女性という生物が理解できない人におすすめの一冊です。

Kindleで読むさん

本書は女性脳の考え方を男性脳の読者でも分かるように説明しています。
本書に書かれている通りに実行すれば夫婦仲は確実に良くなります。
ただ、「女性が間違えている」「理不尽だ」というレビューもまた事実だと思います。
自分が正しいと思うことを突き通すか、夫婦仲を良くする為に自分を曲げるか。メリットが大きいのは後者だと思いますが。

ニャンニャンさん

うんうん、そうなのよ。と頷ける点は大いにありました。

特に、「女のお喋りに結論は要らぬ、ただ共感を示すべし」とか。「最近、頭が痛くてなど、身体の不調を訴えられた場合。『医者行って来い』だけで終わらせるのは最悪。
『どうしたのかねー?疲労が溜まってるだけならいいけれど。とりあえず昼寝してみては?』などの、一緒に考える姿勢を見せることが大事」など。女あるあるが並んでました。

全てが100%当てはまるわけでは無いけれど、女という性を持つ自分を省みるには良い本です。この本を読んだ男達は・・・・・たぶん、何も変わらないでしょう笑。それが男という生き物だからです。私も女である自分を変える気はありません。

でも、今度は『男のトリセツ』も読んでみます。書かれている事はだいたい想像つきますが笑。
互いの違いを知り、それを理解したうえでこそ、良きパートナーになれると思います。

かわにったんさん

分析型思考の男性には非常にわかりやすく書かれています。実行してみると、妻は大変機嫌がよくなり、かなり関係も向上しました。

「俺が正しくて女は意味がわからん」と決めつけている男性には、かなり耳が痛く、この本が間違っていると決めつけて何もしないという結果になると予想されます。

実行するにはそれなりの覚悟が必要です。不要なプライドは捨てましょう!



created by Rinker
¥825 (2023/02/08 00:24:00時点 Amazon調べ-詳細)



夫のトリセツ

夫のトリセツ

日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしている『妻のトリセツ』。

「次はぜひ夫編を」読者の熱い声に応えてついに登場。

「話が通じない」「わかってくれない」「思いやりがない」「とにかく気が利かない」……腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊。今度は脳科学から男脳を解明。


レビュー・口コミ

ねこねこさん

飽きることなく最後まで楽しく読めました。

途中まで読んだ段階で既に180度、夫を見る目がかわりました。
夫のしてたことが全て愛だったんだと思えるように。
自己啓発系では「自分が変われば~」が鉄板ですが、そのような押しつけはありません。
読んでるうちに夫を見る時に変なフィルターが取れたり、逆に素敵なフィルターがかかって楽になれます。

一点、やたら気になったことが。
『妻のトリセツ』を夫に読ませることを終始オススメしてきます。
そして夫は絶対に読まないのでジレンマです。

黒川さん、『夫に"妻トリ"を読ませるトリセツ』を出してください!!笑

最後に、この本を出してくれてありがとうございます。

大西 亘さん

男性と女性の持つ脳の違いによるスレ違いをわかりやすく解説してくださりありがとうございます✨

どちらもお互いに誠実であるが故におこる諍い…
知っているかいないかで大きな違いです。

夫婦に限らず、いろいろな方に読んでいただきたい一冊です!

【残り6件の口コミを見る クリック】

ゆんさん

夫にムカついて離婚も考えてる時に読みました。
付き合ってた時と違い、気遣いがない、話聞いてくれない、家事もやらない、キレてくる、だけど外の人には随分優しい!!私には興味関心が無いのね?!?!愛してないのね!!!!!!
と爆発していました。

だけどこの本によると、それは男女の脳の使い方の違いによるものだと。
めちゃくちゃ納得してしまいました。

あるあるある!!!!なんで男ってこうなの?!?!という疑問にハッキリ答えてくれています。

男は共感能力が低い。
男は結論や問題解決能力が生存・繁殖に必要だったから、それが特化されてるだけ。

臨月で「骨盤が痛い〜」と言えば夫からは「マッサージいってきたら」と言われる。

ちがうんだよ。

「妊娠すると身体に色んな変化が起きて大変だよね。そんな中いつも家事育児してくれてありがとうね。」と言って共感してくれた方がいいんだよ。

だけどこれは仕方ない。男は大事な妻がその苦悩からどうすれば解き放たれるか、瞬時に考え「マッサージいってきたら」と伝えてるだけなんだ。
「愛されてない」「関心がない」からじゃない。

なんだかとってもスッキリしました。
ありがとうございます!!!!

スネークマンさん

「妻」「夫」両方読みましたが、「妻」と違って「夫」がエピソード中心なのは想定読者の女性たちに合わせたのだと思いました。

本にはないですが、男性は総じて「鳴かぬなら、鳴かない理由を分析して課題認識して対応策を検討し手を打つ」分析大好きです。それで「妻」の分析ははまりました。

ところが家庭の奥さんたちは理由とか分析とかどうでもよくて「鳴かぬなら、鳴くまで言い続ける。それでもだめなら声を大きくして顔見るたびに言い続ける」人が多いと思います。

男女どっちが優れてるとかはないですがうけるポイントが違うので、分析はほどほどにして女性たちの「共感」を得る内容にしたのでは、と「分析」してみました。

ほたてどんさん

私は以前、些細なことで妻との口げんかが増えていました。
しかし、著者の"妻のトリセツ"を読んで、妻の気持ちが少しは分かるようになったのか、家庭に平和が戻ってきました。
"妻のトリセツ"で学んだのは、女性には共感が最も必要であり、買い物で寄り道する女性脳と目的地に直行しようとする男性脳の違い等です。
その"妻のトリセツ"の夫版が出たようなので、妻に読んでもらう前にまず私が読みました。

この本で役立つと思える四つのポイント
1. "妻のトリセツ"より会話の具体例が豊富著者の家庭の会話の様子が度々書かれたり、具体例があるので理解が深まりやすい。
2. 性善説を取るこの本でも邪悪な人はいるという指摘不幸にも邪悪な人をパートナーに選んでしまっても、対応の仕方はあるようです。
3. 脳の機能障害から起きる症状アスペルガー症候群とカサンドラ症候群。共感障害など。
4. 1万回の握手の話など心に響く話が散りばめてあること。

この本は女性向けに書かれていますが、男性も書かれている内容を反面教師として読むと得るものが多いです。
男性も女性も、相手のことをまだ思う気持ちがあれば、このような本を手にとって努力することも必要かもしれません。
かけがえのない人を失ってからでは遅すぎます。
この本は"妻のトリセツ"がさらに進化した内容の濃い本だと思います。
"妻のトリセツ"の単なる夫版ではありません。

みみみさん

男性は結果を、女性は共感をというざっくりとした脳の違いは聞いたことがありましたが、この本を読んでふむふむと納得する事ばかりでした。

わたしは未婚ですが、彼が「言ってくれれば直せるよ!」と言ったことに対して苛立ちを覚え喧嘩をしてしまったことが申し訳なく思いました。

サクサク読めるのでおススメです!

cocoさん

これから夫になるパートナーがいるので、パートナーには妻のトリセツを、私は夫のトリセツを読んでみました。

これから70年夫になる方とどう過ごしていくか。

いろんな問題があるなかで妻としてどう接したら結婚生活をできるだけ円満に過ごせるのか、たくさんのヒントをもらえた本でした。

あと3回は読み返して結婚生活の荒波を乗りこなせる一等航海士になりたいと思います。

Rさん

男性と女性の脳は、これ程まで違うのか!ということが分かった。

男性は狩人は昔から現在まで培われているものだから、それに対して女性たちも狩人の取説を認識するべきだなー!と感じた。

読んでみる価値がある本だとおもう!



created by Rinker
¥825 (2023/02/07 20:33:11時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.