おすすめ商品

がんについて正しい知識が学べるおすすめの本5選

がんについて正しい知識が学べるおすすめの本5選

がんの原因や治療法について義務教育では学びません。

もし知りたいのであれば、自分で能動的に動かなければ得ることはできません。


この記事では、がんについて正しい知識が学べるおすすめのを紹介していきます。

正しい知識を身につけ、がん克服に役立ててもらえると幸いです。


高額療養費制度
高額療養費制度とは?高額療養費制度の詳細をわかりやすく解説

この記事では、公的医療保険制度の「高額療養費制度」について解説していきます。高額な医療費を請求された場合、高額療養費制度を活用することによって負担額を軽減できます。個人が負担する上限額は、「年齢」や「 ...

続きを見る



がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話

がんと闘うためには、まずがんのことを知らなければならない抗がん剤、病院選び、がんの正体……。
知っているようで知らない、がんの基本的な知識。

なぜ、がんができるのか?
がんのどこが怖いのか?
あなたは知っていますか?

妻と父を“がん"で失った医師が<がん治療の基本>を分かりやすく伝えるます。


レビュー・口コミ

長崎さん

がん患者(肺がんステージⅣ)の家族の立場からレビューを書きます。

私がこの本を読ませて頂いた理由は二つです。

先ず、一つ目は、著者が最新の免疫療法の専門家であるということ。このことは、著者の病院のHPからも、数ヶ月~半年に一度のペースで渡米しては世界の癌治療の最先端の場でもある学会に出席されていること、及び、毎年のように学会や研究会で論文を発表されていることからも明らかです。また、国内においては、診察の合間を縫って船場経済倶楽部や東京都女性薬剤師会、税理士勉強会等の権威ある様々な法人や団体から招かれては「がん」や「免疫」についての講演活動を全国各地で忙しくなされています。※同様の講演活動は、アメリカ、台湾等の海外でもなされているようです。 

次に二つ目は、母親が標準治療で闘病しているがん患者の家族の立場としては、「次の一手」を早めに考える必要があったからです。現在、ネット上には多くのがん患者さん達の闘病ブログがありますが、その殆どが抗がん剤治療や放射線治療での闘病ブログであり免疫療法での闘病ブログは、その治療費が高額なこともあってか中々、見つけることが難しいのが実情です。そのような中、発売以来増刷を重ね、マスコミ各紙に取り上げられている(朝日新聞、フジサンケイビジネスアイ等)こちらの本を読んで「免疫療法」という治療法が肺がん闘病中の私の母親を果たして託すに足りうるものかどうかを一刻も早く確かめたく今回、読ませて頂いた次第です。

【残り2件の口コミを見る クリック】

Amazon カスタマーさん

2017年7月に膵臓ガンで余命1年と医者に告知さ
れ、ショックで実際には症状は出てないのに体に色々な違和感を感じていた時に東京女子医科大学のセカンドオピニオンを受け、免疫療法の相談をすると、ビオセラクリニックが出先機関の免疫療法医院としてある事を教えて貰い偶然か必然か谷川先生に出会い、本の中身より先にガンを告知された時の気持ちの対処法や免疫療法について相談と説明をしてもらいました。

免疫療法の内容よりも「ガンであっても今の状態が維持出来てガンと共存が出来て少しでも寿命に近ずく事が出来れば良い」と言う考え方が妙に腑に落ちてそれ以降前向きで気持ちとなり、起こっていた違和感がすっかり無くなりました。この本にも同じ事が書いて有ります。

今は 免疫療法は先生の所のビオセラで、抗がん剤治療は近くの病院で、自力では免疫を上げる為に食事(玄米とか卵とかバナナとか)で余命1年を打開する為家族にも苦労を掛けつつ頑張って降ります。

同じようにガンで落ち込んでいる方にはぜひ読むか、先生のセミナーや個別相談を受けてみてください。気持ちが軽くなって自己免疫力も上がるかも知れませんよ!



りゅうさん

がんを告知されたら読む本というタイトルに惹かれて購入しましたが、内容はがんになる前に知っておく本でも良かった気がしました。

がん患者さんの1番辛いのは心。がん自体に痛みはない。心が症状を変える。ポジティブが免疫を上げる。私自身いつも感じていた事でした。

治療のノウハウではなく、基本的ながんの知識が、分かりやすく丁寧に書かれており、どのようにがんと向き合っていくべきかがおぼろげに分かった気がします。 周りにがんを抱えた人がいますが、幸い私自身にはがんが見つかっていません。
この先自分自身の問題として直面する事があるかも知れません。
その時はきっとどうしたら良いか悩んだり、辛くなってしまう事があると思うので、また読み返してみたい一冊です。






世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった最高のがん治療

世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった最高のがん治療

手術や抗がん剤などの効果的な治療のことを悪く言って、がん患者さんに高額な民間療法を売りつけようとする人がいます。

彼らの甘言を信じてしまった結果、病院で受けられる有効な治療法を拒絶し、治療のタイミングを逃す患者さんが後を絶ちません。

そんな現状を変えるべく、この本は生まれました。


本書を読めば、医療関係者でなくとも、がんについて正しく知り、あやしいがん情報を見分けることができるでしょう。


レビュー・口コミ

上松 正和さん

放射線治療医として大学病院や国立がん研究センターで働いてきました。
今までに間違った情報を掴んでしまって、
不幸な結果になる患者さんも多く見てきました。

自由診療のがん治療は大きな利益になるため
なんとか治療法がないかと必死で探す患者さんを引っかけようと
テレビや本、雑誌、ネット、アマゾンレビューでは多くの嘘の情報が流れています。

その中でこの本は3人の高名な専門家が共同でがん情報について
一般の方にわかりやすく解説されています。
ここに書かれている内容をしっかり理解できたら
嘘の情報をつかまずに、自分にとって最も良い治療法にたどり着けると思います。
2021年9月の今でも最もがん治療について正しく書かれた本であり
そしてなにより優しく書かれているのでぜひ手にとってみてください。

【残り2件の口コミを見る クリック】

ほむほむ@アレルギー専門医さん

現在、新型コロナウイルスという感染症のリスクが顕在化し、病気への恐れがひとびとに憶測を生み、様々な情報が飛び交っています。

病気や健康を損なうリスクに直面するとき、人間は弱くなるものです。
元気なときに見向きもしない情報でも、信じてしまいがちなのです。

そして、『がん』は、そのひとの命に直結します。
それだけに、弱くなった心に様々な情報が入り込み、リスクのある道へ向かいがちなのです。

著者は、『最高の』がん治療という一見センセーショナルなタイトルも、『あえて』つけたタイトルだといいます。まずは手にとってほしいという気持ちが込められているのでしょう。

そして内容は、丹念にエビデンスを紐解き、一般に流布している勘違いや隘路への迷い込みをやさしく引き止める、極めて熱意と決意に満ち満ちた正統派の内容でした。

リスクに直面し心に余裕が無くなる前にこそ、読んでおきたい本です。



TAKさん

私は高校の時、大事な知人をがんで亡くしました。
その当時、がん治療に対する書籍といえば、がんビジネスの広告宣伝目的のものが書店に並ぶのみ。
それらを買い漁り「勉強しなきゃ」と言った知人の姿には高校生ながらに何だか違和感を覚えました。
結局彼は膨大な『商品』の中からあるサプリメントを選び、老後の貯蓄を切り崩しながら『治療』を続けました。
残念ながら思ったような効果は得られず、最期に少し寂しそうな顔をしてサプリメントの箱を眺める彼の姿が今でも心に残っています。

もし、「勉強しなきゃ」と取り組む知人の傍らに積まれた本の山の中にこの『最高のがん治療』があったなら、そして、あわよくば彼ががんに罹る前に『最高のがん治療』を読んでいたなら、もう少し自信をもって標準治療に取り組めたのではないかと思ってやみません。

この本にはがん治療に関して、まず頭に置いていかなくてはいけないことが書かれています。
現在、もしくは将来がん治療に取り組む際、大きく道を踏み外すのを防いでくれる本だと思います。






がんが消えていく生き方 外科医ががん発症から13年たって初めて書ける克服法

がんが消えていく生き方 外科医ががん発症から13年たって初めて書ける克服法

13年前に腎臓がんを発症した著者の船戸崇史医師。

がんの外科手術などを通してがん医療に数十年にわたって携わってきた著者が選んだ治療法とは?


腎臓がんは再発率の高いがんです。

著者は摘出手術を行ったあと、再発防止のために食事の改善をはじめ、あらゆる方法を試してみました。

効果のある補完代替療法、再発防止には必須の生活習慣改善など、がん発症から13年経過して初めてエビデンスとして証明できた方法を紹介する本です。


レビュー・口コミ

Ryoさん

この本には、自身もがんサバイバーの医師ががんにかかってから13年の間に実践した治療法と、重要な生活習慣改善について書かれています。著者がかかった腎臓がんはしぶといらしく、ご本人は今でも毎年定期検診を受けているそうです。

著者が手術後受けた治療は主に補完代替医療と言われる療法です。
高濃度ビタミンC療法、還元電子治療、温熱療法、リンパ球点滴治療、漢方などを実践されたようです。長く受けたのは高濃度ビタミンC療法、還元電子治療、HSP入浴法などの温熱療法です。漢方は今でも続けているようです。これらの治療について、なぜ効果があるのか医師の視点からの解説がありました。
サプリメントについては色々飲んだ結果、予防には良いかもしれないが、がんを治すものでは無いという意見です。高額なサプリメントに頼っている方も多いと思うので、これは、参考になります。

そして、手術なども含めたそれらの治療の効果をあげるための
生活習慣改善の必要性についての解説は非常に説得力がありました。自身の経験に加えて、世界の研究から導きだされたエビデンスをベースに解説しています。これはすべてのがん患者が自宅で実践できることなので、一読の価値があります。
また、著者は在宅医療に力を入れてきた医師ということもあり、がんと生き方の関係についても書かれています。非常に励まされます。
著者は、がんは生き方の病気である、と主張しています。
著者が日本で初めて開設した日本初の滞在型がんリトリート施設のリボーン洞戸の関係者や滞在者の話も出ています。感動しました。
がんの本は数多くありますが、ここまで生活習慣や生き方にまでふみこんで書かれた本はほとんどないと思います。
ぜひお勧めしたい1冊です。

【残り1件の口コミを見る クリック】

かっちゃんさん

当院でも癌患者さんやご家族に一推しさせていただいている新書デス!

命はお金で買えない様に、がんに他力本願の特効薬はありません!

忙しく生き急ぎ、本丸を知らず結果病巣を叩くだけの標準医療に身を任せ、高額な先進医療に東奔西走するだけで、何故がんになったかを顧みず、生き方を変えない方々は皆、魂から生まれ変われず、心身治癒の道程さえ絶たれてしまうのが現実です!

過去に蓋して未来を見据えず、癌を敵視し闘う精神よりも、「ガンちゃん、ゴメンね、ありがとう!」と、自分の偏った思考や生き方、不養生の身代わりになってくれた分身であるがんちゃんに謝り、がんちゃんを可愛がる「愛癌精神」こそ大切なのです!

がんの免疫療法や遺伝子医療など代替医療のチャンピョン症例をうたいながらも、在宅診療など終末医療を疎かにするクリニック医師は、標準治療対象としての旨味がなくなれば患者を持続点滴ホスピスに葬る専門医と同罪で信頼できません!

患者や家族の祈りや意識改革、日々の養生努力の成果を知らず、「私が治してあげた」と自分の手柄のごとく豪語する医者も信用しない様に!

どんなに優れた名医も、患者に備わる自然治療力には到底敵いません!

手法や治療機器を自慢する治療家も要注意!
(私の師匠や主治医は全て丸腰で、逢いに行くだけで治った気になります!)

何もしてない様に見せて、黙っていても自然と患者の自己治癒力の発動を最大限に促し、
自分が治しても他人ごとの様に「よかったですネ〜」と、静かに微笑みそっと寄り添う治療家こそ名医なのです‼︎

がん医療で最も大切なのは、取り切ったら完遂だとか、X線写真上の癌陰影を小さくする末節的医療ではなく、「この世に生まれ、がんになって良かった」と、永遠に想っていただけるスピリチュアルケアです!

自ら癌を患った意味を尋ねて改心(回心)され、
感謝の念と実存的変容の境地で、生活習慣を見直され、リボーン(Reborn)すなわち患者に対する診療意識や心身が生まれ変わっていかれた船戸先生・・・

奥様の「内助の功」や温かいスタッフに支えられ、今なお躍進を続けられている、マスターヒーラーの清純な治療家魂と実直な探究姿勢を大いに見習いたいと思います!






最強の野菜スープ 40人の証言 (がんや感染症に負けない免疫力&抗酸化力をつける)

最強の野菜スープ 40人の証言 (がんや感染症に負けない免疫力&抗酸化力をつける)

糖尿病、高血圧、肥満をはじめ、アンチエイジングや感染症にも威力を発揮する野菜スープ。抗がん剤の世界的研究者が、スープの基本とアレンジレシピを紹介します。

また、野菜スープの実践者40人がその効用や楽しさなどを語っています。


レビュー・口コミ

飛良泉大好き人さん

野菜スープの効能を、色々書いてあるが、簡単に作れて、それなりに旨い。まだ数日だけど、排便は確実に改善された、ガンの手術後の食事の困難な時に美味しくいただけました。

この手の本は、自分んが一番で、あとはダメ、が多いのですが、前田先生は、野菜は有機栽培がいいが普通栽培でも
また、抗がん剤で治療中の食事には、大変いいと、抗がん剤治療を肯定しています。食べにくければ、塩コショウ等で味付けも、鶏肉もOK、本当に信頼できます。これなら長く続けられると思います。

【残り1件の口コミを見る クリック】

michiさん

とても良いと思いますが、本の通りのレシピは水っぽいです。
電気圧力鍋で大体750gに水550mlミキサーでスムージー状で頂いています。
塩昆布一つまみが美味しい。
大病しているわけではないですが、毎朝200ml飲んで、毎日腰がスッキリするぐらい良く出ます。
これ毎日飲んで調子が良いのですが、旅行の時はどうしようかと思います。

8ケ月経ちました。
肌もスベスベになり毎日快調です。
一緒に飲んでいる高齢者は、左半身麻痺でいままで薬を処方され、毎日飲む薬ででなくなると強い薬→下痢を繰り返して大変でしたが、毎朝スープを飲む様になって一切薬を使わず毎日出てます。高齢者にはホント良いと思う。






ガンが消えていく最強のレシピ (成功率60%超の食事療法の極意)

ガンが消えていく最強のレシピ (成功率60%超の食事療法の極意)

ステージⅣでもあきらめるな!

肺・膵臓・大腸・胃・前立腺・乳ガンから悪性リンパ腫まで、徹底的に免疫力を上げつつ、ガンが消えていく、成功率60%の済陽式ガンの食事療法を公開。

効果を実証する前後写真も掲載。ガンの食事療法を行う人のバイブルとなる一冊です。


レビュー・口コミ

キングさん

年齢が高齢になる程、免疫力も弱まり細胞のコピーミスによって、がん細胞が残る機会が増えてしまいそして、いつか健康診断で見つかってしまうガン。

もちろんそういった状況に当てはまらない特殊なケースのガンもあるかとは思いますが、本書はそういった免疫力の低下によって発生したガンを、自身の免疫力を徹底的に食事によって上げることで身体の免疫機能で、がん細胞を倒して改善していくという内容。

レオママさん

読みやすく、内容がとてもわかりやすいです。
主人が肺癌になり、参考になればと購入しました。
本人が読んで、今までの生活を改めようとしてくれているので、購入して良かったです。



created by Rinker
マキノ出版
¥1,760 (2022/06/26 12:34:32時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.