社会保障

【職業訓練】無試験で資格が取れるお得なコースとは?

【職業訓練】無試験で資格が取れるお得なコースとは?

この記事では、「無試験で資格が取れる・受験資格が付与されるなどのコース」について解説していきます。


就職活動を有利にする方法の一つが、資格を手に入れることです。

職業訓練では、一般受験者よりも有利に資格を手に入れることがあります。


この記事を読めば、無試験で資格を取る方法を知ることができます。


 

【2021年版】職業訓練について学べるおすすめの本1選

職業訓練とは、就職に役立つ知識やスキルを基本的には無料で習得することのできる公的な制度です。雇用保険に加入していた者が失業した場合、職業訓練を受けることができます。この記事では、職業訓練について学べる ...

続きを見る



無試験資格取得コースがある

無試験資格取得コースがある

職業訓練のコースの中には、国の養成機関として指定されたコースの修了者は、国家試験を受験しなくても、その資格者に必要な知識・技能が身についているものとみなして、国家試験が免除されて、終了と同時に資格者となるものがあります。


その典型例が第二種電気工事士です。

通常、この資格を取るには、国家試験を受けて、学科試験と実技試験の両方に合格しなければなりません。


ところが、経済産業大臣が資格者養成校に指定したコースに通うと、国家試験を受けなくても卒業者全員に、資格が与えられるのです。

この資格者養成校は、民間専門学校でも数多くありますが、その手の民間スクールに通うには、年間60~100万円の費用が発生します。


訓練スクールでも、電気関係の1年以上のコースならば指定校になっているケースが多く(東京都の場合は、電気工事、電気機器、電気設備システムの3コース)、その場合は、実に年間11万円強の授業料でこの資格が取得できるのです。


第二種電気工事士のほかに、工事担任者(試験科目一部免除コースもある)、ホームヘルパー1・2級、液化石油ガス設備士なども、訓練スクールで無試験で資格を取得できます。




受験資格が付与されるなどのコースがある

受験資格が付与されるなどのコースがある

資格そのものは取れないものの、コースを修了すると受験資格が付与されたり、受験に必要な実務経験が飛躍的に短縮されるコースもあるのが訓練スクールの隠れメリットです。


受験資格が得られるものとしては、2級自動車整備士や美容師・理容師の養成コースがあります。

また、受験するための実務経験が短縮されるものには2級建築士などがあります。

いずれも、民間スクールに通うと、学費だけでも年間100万円以上、2年コースで生活費も含めると400~500万円程度の費用がかかるコースです。


公共職業訓練を活用すると、そうしたコースの授業料が激安になるだけでなく、場合によっては失業手当の延長給付を受けることもできますから、これは信じられないくらいお得な制度と言えます。

自分が興味のある分野で、資格特典が得られるコースがあるかどうかも、コース選びの重要な要素の一つなのです。


なお、特別な資格特典こそないものの、特定の資格試験の受験指導を熱心に行っているコースもありますので、その点もチェックしておきましょう。


公共職業訓練で取得できる主な資格

東京都立職業能力開発センターにおける、公共職業訓練で取得できる主な資格を紹介していきます。

資格名称 修了科目 条件等
(国家資格)
技能士補
2年コースの全科目
1年コースのうち高等学校卒業程度の基礎学力(学力検査)対象科目
修了時試験に合格
(2級技能検定の学科免除)
東京都技能士補 転職希望対象の科目のうち
1年コースの科目
修了時試験に合格
東京都1種
公害防止管理者
環境分析 校内試験に合格
東京都2種
公害防止管理者
自動車塗装、建築塗装 校内試験に合格
第2種
電気工事士
電気工事、電気機器、電気設備システム 校内試験に合格
工事担任者
AI第3種
電気、通信工事 校内試験に合格
ガス溶接技能
講習修了証
溶接、溶接造形、自動車整備(工学・技術)、環境空調サービス、配管、建築設備、自動車塗装、金属造形、ビルオートメーションサービス、建築設備設計、機器加工(江戸川)、メカトロニクス、自動車車体整備溶接(デュアルシステム) 校内試験に合格
都屋外広告物条例に
定める講習終了者
サインディスプレイ、広告美術 訓練終了者
介護職員基礎
研修修了証明書
介護サービス、若年者就業支援(福祉サービスコース) 養成研修修了かつ
訓練修了者

 


まとめ

まとめ

資格を取るためには、受験資格を得て試験に合格する必要があります。

しかし、職業訓練には授業を受けているだけで資格を得られるコースがいくつもあるのです。

その代表的な資格が、第二種電気工事士です。


他にも、資格そのものは得られないものの、コースを修了すると受験資格が付与されたり、受験に必要な実務経験が飛躍的に短縮されるコースがあったりもします。


これらのコースは民間スクールに通うと、学費だけでも年間100万円以上発生します。

それが職業訓練なら、失業手当の給付を受けながら勉強できるのです。


なんとしても就職したいと考えている人には、職業訓練を受けてこれらのコースを狙ってみましょう。



【2021年版】職業訓練について学べるおすすめの本1選

職業訓練とは、就職に役立つ知識やスキルを基本的には無料で習得することのできる公的な制度です。雇用保険に加入していた者が失業した場合、職業訓練を受けることができます。この記事では、職業訓練について学べる ...

続きを見る




-社会保障
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.