おすすめ商品

児童福祉について学べるおすすめの本【2023年版】

児童福祉について学べるおすすめの本

児童福祉とは、児童に対して行われる福祉サービスのことです。

かつての児童福祉は、「障害児」「孤児」「母子家庭の児童」のような、特別に支援を要するとされる児童に対して施策を行ってきました。

しかし、近年、少子化が急速に進行していることを受け、児童を生み育てやすい社会環境を整えることを主眼とした施策が中心となってきています。


この記事では、児童福祉について学べるおすすめのを紹介していきます。

児童福祉を扱っている本は少ないため、1冊用意しました。


合わせて読みたい記事⇩

児童福祉
児童福祉とは?児童福祉の詳細をわかりやすく解説

この記事では、日本の「児童福祉」制度について解説していきます。児童福祉の基本的な情報を網羅していますので、コレだけ読めば自身や家族の保障状況を理解できます。児童福祉とは、社会福祉の1つです。社会福祉に ...

続きを見る



子ども家庭福祉六法 令和5年版

子ども家庭福祉六法

○子ども家庭福祉行政担当者必携の一冊!


これまで毎年発行を続けてまいりました『児童福祉六法』は、自治体担当者、児童福祉施設や事業所の皆様にご好評いただいており、令和4年版からは『子ども家庭福祉六法』として、より充実した六法となりました。


児童福祉法、子ども・子育て支援法、児童手当法といった、子どもが健やかに暮らしていくための施策、児童虐待防止法、児童扶養手当法などの養護等を必要とする子ども・家庭への支援施策、母子保健法をはじめとした妊娠期の母子の健康を支援する母子保健施策など、子ども家庭福祉に関連する施策は多岐にわたります。

本書はそうした子どもとその家族・家庭を一体的に支援する様々な法令・通知を体系的にまとめました。令和5年版では、令和5年4月1日施行分までの法改正を反映し、令和4年6月に公布された改正児童福祉法(令和6年4月1日施行分は参考として収載)や、こどもに関する制度の司令塔となる「こども家庭庁」に関する法令、子どもの権利擁護の基本理念となる「こども基本法」などを新たに収載しました。


子ども家庭福祉行政に携わる方々必携の一冊となっています。


created by Rinker
¥7,920 (2023/02/02 10:41:26時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.