おすすめ商品

【2021年版】妊娠・出産について分かるおすすめの本10選

【2021年版】妊娠・出産について分かるおすすめの本10選

女性にとって一番のイベントといえば「妊娠・出産」です。

しかし、未経験の方ですと、気をつけなけらばならない点などを把握していない人も多いのではないでしょうか?


この記事では、妊娠・出産について分かるおすすめのを紹介していきます。

どの本も評価が高いので、妊娠・出産に対する理解を深めることができます。


はじめてママ&パパの妊娠・出産 妊娠中の不安解消から産後ケアまでこの一冊で安心!

はじめてママ&パパの妊娠・出産 妊娠中の不安解消から産後ケアまでこの一冊で安心!

妊娠・育児雑誌編集部の40年以上にわたるノウハウで、はじめての妊娠中に知っておきたい「基本」を完全網羅。


ママ編集者がわかりやすさと読みやすさに徹底的にこだわって制作、一日一日成長しているおなかの赤ちゃんの様子と、お産までの過ごし方、安産のコツなどがオールカラーでわかります。

リアルなプレママたちの体験談やアドバイスもいっぱいで、健やかな妊娠生活から赤ちゃんとの新しい生活が始まるまでをサポートする、新機軸の決定版実用書です。


レビュー・口コミ

TMさん

先輩ママにおすすめされて購入さん

ページ数が多くて、妊娠初期から出産までの細かい情報が掲載されています。
特に、週数ごとに母体の体調や胎児のエコー写真などが載っていたのがとても参考になりました。
これ1冊あれば他の雑誌はいらないです

写真も多くてわかりやすいですし、出産まで読み続けたいです!
初産の方にはおすすめです。

Mika Kさん

すっごく情報量が多いのと、同じ月齢の妊婦さんの実際の声が載っているので「あ、一緒なんだ」と安心して見られる教材でした。

他にも市から渡される物や、産院から渡される情報もあるので、同じような事が書かれているのですが、他の妊婦さんの声やちょっとした事でも参考にしたいと思う方には良いかと思います!

【残り12件の口コミを見る クリック】

こぶHey!!さん

とにかく情報のボリュームが多い。

たまひよを全て買うくらいだったら、この一冊を買うで十分かなと思います。
コメントの筆者は男性ですが、出産の流れやイキミ方のコツ、立ち会い分娩の際にサポートできることなど、まとめられた情報が意外に手元に無かったので、この本1冊で概ねわかったので買って正解でした。

雑誌的に楽しくも読めるので、出来るだけ早い時期に購入するのがオススメです。

これから妻の出産を控えておりますが、邪魔ものにならないよう焦らずしっかり寄り添いたいと思います。

とかとんさん

写真が大きくてとても読みやすいです。
ちょっとした体の心配事が時期毎に書いてあって参考になります。
友達や知り合いが妊娠したら贈ってあげたいと思う。
それくらい自分は読み込みました。

marinyaさん

自身用&友人へのプレゼント用に購入しました。
妊娠・出産の流れが分かりやすく、どの時期でも気になることが調べられるのでとても便利です☆
写真も多く、読みやすいですが、医学的な内容もとても充実しているので、持っていると心強い一冊だと思います!

主人にも読ませて、勉強してもらいました☆
お世話のコーナーは特に興味深く読んでくれていました♪

ネコさんん

カラーで説明もわかりやすいです。
ネットでも情報がすぐ観れる時代ではありますが、一家に一冊あると安心の一冊です。

apさん

母体や胎児の成長については時代による変化もないので参考になる。禁忌食材とか、妊娠の経過とか、特に知識のない夫に見せて伝えるには良かった。そこを目的に買ったので後悔はない。
ただ、4~7週のエコー図は週の前半だったり後半だったりすると思われるので、私のと違う…と無駄に不安になる人もいるのでは?

一番違和感があったのは、この時代に「専業主婦」を前提にした本であること。つわりがつらかったら実家で寝てると良いとか、習い事や友達とランチで気晴らしとかまったく参考にならなかった。(私はつわりが酷くて水分もとれずに脱水になったので、しばらく外来点滴で過ごし、仕事は調整して在宅での時短にして頂いた)
この厚い本の中で、働く女性をちゃんと扱っているのはたった2ページ。それも8~16週で職場に報告との記載。(心拍がとれた後が無難、とも書いてあるけど)
里帰りや有給を繋げて8ヶ月目には産休にはいる人も多いので、私の会社では妊娠5ヶ月から採用・引継ぎが始まる。それに妊婦検診は法律で無給もしくは有給の公休が取れるので、その時点で伝える人も多いはず。初期でも切迫流産や妊娠悪阻で突然入院する可能性もあるし、最悪流産となってしまっても妊娠4ヶ月=12週以降の流産は分娩になるため法律で産後休暇が義務付けられてる。
体を使う仕事や法律での妊婦の禁忌業務がある仕事はもっと早期だし、通常の企業でもどんなに遅くとも12週までが報告の最終リミットでは?友達への報告は安定期で良いと思うが、職場へは迷惑をかける可能性、そして報告しなかったがために辛い中でも仕事を休めなくなるとか、引っ切り無しに連絡が来るとか、そういう可能性も考えた方が良いと思う。

昔と違って女性の仕事は"腰掛け"ではなく、出産退職は減ってるし、正社員も多い。こういう表記の本が出回ることによって「報告したいけどまだ報告するには早いのかな…」と悩む人が増えるのでは?と心配する。
もっと法律で定められた妊婦の権利とか、母健カードで具体的にどういう措置がして貰えるのかとか、踏み込んだ内容にしていかないと時代に合わないと思う。監修者がかなり年配の助産師の方だからかもしれないけど、そこはかなりモヤモヤした。

海外在住妻さん

別の海外在住日本人妻の方がブログで紹介されていたので、購入しました。
はじめての出産を海外で予定していて、周りに相談できる人もいない心細い状況だったので、日本語で知識が得られて大変よかったです。カラーで写真や体験談も多く、飽きにくい内容です。

Amazon カスタマーさん

妊娠中に役にたつ情報がわかりやすく書かれていています。
特に初産の方におすすめします。

あーさん

毎月赤ちゃんの状態が分かりやすくかいてあります。先輩ママの意見が書いてあるので実際に活用できます。

Amazon カスタマーさん

妊娠して、この手の本を幾つか買いましたが、1番読み返すことか多いです。見やすくておすすめです!

YUKA3さん

先輩ママに進められて購入しました。
妊娠中のマイナートラブルや色々な事例が時系列で記載されていて、
とても勉強になりました。
その後のシリーズも購入予定です。

サデさん

妊娠・出産以外にも、行事や細かい事が載っていて、雑誌より分かり易ったです。
雑誌も購入して、そちらに載っていることもありましたが、これ1冊あれが他は必要ないと思います。

ぐうちゃんさん

色々な妊娠出産の本を購入しましたが、こちらの本が一番分かりやすく、これ一冊あれば大丈夫という感じです。買って良かったです。






最新!初めての妊娠・出産新百科

最新!初めての妊娠・出産新百科

妊娠超初期から産後1カ月までの気がかりをしっかりサポート!

妊娠月数ごとにママの体の変化と「今すること」を徹底紹介。


つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続。

妊娠超初期から産後1カ月までの気がかりをサポートするため、妊娠月数ごとに「すること」と「注意すること」を徹底解説。


パパのためのページも充実しています。

超音波写真の見方、陣痛の乗り切り方、産後1カ月の赤ちゃんのお世話についてもていねいに紹介しました。


レビュー・口コミ

鳩さん

こういう系の本は本当に必要なのかと疑問を持っていたので、買うかどうか悩んでいましたが、安定期に入ったタイミングで試しに買ってみました。
想像していたよりも情報量が多く、妊娠中だけでなく、陣痛・出産時の流れやトラブルなど色々と細かいことが勉強になりました!もっと早く買っておけば良かったな〜と思っています。心の準備ができました。

その後、妊娠中期に入ってからは、前置胎盤やら歯の治療やらのトラブルが多くあり、そのたびにこちらの本にお世話になりました。いちいちネットで検索するよりも要点が良くわかるので良かったです。

私はmini版を購入しました。miniでもそれなりに大きいですが通常版と比べるとコンパクトで読みやすいです。

10年以上前に出版された他社の本を図書館で借りたのですが内容が薄くて頼りにならず、同じような内容だったら嫌だな〜と思っていましたが、これは全然違いました。最新の情報にアップデートされてていいですね。

たまちゃんさん

内容はとてもいいのですが…、こちらを購入後に、小さいサイズの本もある事を知りました。確認不足だった私の落ち度なんですがそっちにすればよかった(--;)

Amazon カスタマーさん

内容が分かりやすく、見やすく、はじめての妊娠には勉強になることばかりでした。






マンガでわかる!妊娠・出産はじめてBOOK

マンガでわかる!妊娠・出産はじめてBOOK

この1冊で、妊娠・出産後の手続きから育児のお悩みまですべて解決します!

「育児給付金の手続きって?」
「お産の流れがわからない><」
「赤ちゃんが全然寝てくれない(涙)」
「離乳食って、いつから、どうすればいいの?」
「ワンオペ育児でも、大丈夫かな…?」
「保育園って、実際入れるの?」


本書は今どきの、はじめて妊婦・ママの産前・産後のお悩みに、イラストレーターのアベナオミさん(制作時に第3子を妊娠中)による体験マンガと6名の監修者による、わかりやすいアドバイスがセットになった実用コミックエッセイです。


教科書どおりにはいかない妊娠・出産・育児の「困った」について、新米ママがつまづきやすいトラブルにどう対処すればいいか、監修者の細かいアドバイスや先輩ママの口コミや体験談も交えながら解説していきます。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

この先、出産の予定はないのですが(汗)気になったので購入しました。

妊娠~初期の子育てについて、身体の変化や医療的な話だけではなく、お金や休職などの制度についても網羅してありました。記録に便利なアプリ情報や産後に利用するであろう家事代行サービスなどの情報もあるのが良かったです。

広くカバーしている分、ちょっと情報不足感もありますが、妊娠・出産系の本としては素晴らしい出来だと思います。
特に、漫画全体に作者さんのやさしさや思いやり、労りのような気持ちが感じられるのが嬉しかったです。

スーさん

ツイッターで回ってきて発売前から予約していました!
11月末に発売され、私は4月が予定日なのですが、とっても勉強になりました!

ノーマークだった保険のこと・買ってよかったもの・心配や成功談とか参考にしたいと思います。
旦那の仕事の都合上ワンオペ育児になる日が多いので不安でしたがこの漫画を参考にしながら頑張りたいと思えました!

200ページ以上でボリューミーです!
でも絵も可愛らしくて読みやすい♪
漫画だと男性も読みやすいのではないでしょうか!

【残り8件の口コミを見る クリック】

ryuさん

基本漫画で書かれているので誰でも気軽に読めます。お父さんお母さん、どちらでも読みやすいと思います。
これに加え、きちんと図や文章で妊娠・出産に関わる医学的知識から日常的な準備や知識、行政関連の手続き等網羅的にかかれていますので、これをベースにして他に必要な知識は適宜他の本やウェブ等で補うとうような使い方もできると思います。
索引もしやすく工夫されているので、何かと忙しい出産後などでも使いやすい本じゃないかと思います。
ただ、漫画はわかりやすいとはいえ、好みはありますので軽く立ち読み等されて中身を確認されてから買うのをおすすめします。

本の虫さん

しばしば「マンガで分かる」系の書籍は単なるマンガ本になってしまい、肝心の情報が不足してしまう、などのこともありますが本書では産前・産後を12章に分け、順を追って説明がされているため非常にわかりやすくできています。

必要な情報も詰め込みつつうまくマンガで「和らげている」という感じを受けました。
目次が丁寧なので必要な情報だけ取り出すのも簡単です。

KONYさん

タイトルは「妊娠・出産」とありますが、本書の内容は出産後の保育園・幼稚園までカバーされています。

各章ごとにマンガ部分と解説部分で分かれています。
マンガ部分は、主に著者と著者の編集者の意見が多く若干偏りも感じますが、
(ただ、最後に自分たちの体験談が多く失礼しましたと言っていたので好感が持てました)

解説部分は妊娠・出産について一般的なことがとても丁寧に解説されており、また、各章ごとに専門家が監修しているため情報の信用度も上がっています。
マンガは読みやすく、万人受けするタッチだと思います。

私自身の経験からしてもこの情報は必要だという内容が多かったです。
初めて出産された方にはちょうど良いガイドになると思います。

さぼてんさん

よい本だと思いますが、一冊目はたまひよとかの方がよいですね。
 
レビュー良かったので、妊娠発覚して勝手みましたが、出産前のページがすごく少なく、期待していた妊婦の食べたらいけないもの等はあまり載っていませんでした。
 
とはいえ、たまひよで妊娠の食べ物とか運動とかチェックした後の2冊目としてはいい感じです。
 
広く浅く、先輩ママの体験談やアドバイス(私のつわりこうだったとか、スリング合わなかったとか、離乳食最初こういう風にしたけど最初からこうすれば良かったとか)をマンガで読みやすく教えてくれます。

たかださん

妊娠中から産後の保活関係まで一通り書いてあります。可愛いイラストと漫画でわかりやすく、リアルに「あるある…!」とうなづいてしまうページも沢山。

出産も育児も当然人それぞれですが、数パターンの話が載っていて参考になります。とりあえずこれ1冊を読み込んで、細かいところは後々…で十分だと思います!

dooinney oieさん

好きなタイプの漫画で非常に読みやすいです。
産前産後の悩みが漫画で紹介されていて大変参考になります。
人にはなかなか聞きにくいお金のことも、これなら読みやすいです。
それぞれの分野を監修した先生もしっかりとしていて安心感につながると思います
巻中のコラムも読みごたえがありますし、これ1冊あるとないとでは雲泥の差を感じます・・・。
手元にあると本当に助かると思います。

C55H104O6+78O2さん

まずは読みやすい漫画形式なので、本嫌いな方でもドンドン読めてしまいます。
私は経産婦ですが、初産の前にこれを読んでおきたかったなぁ…というほどに気になるアレコレが書かれています。

体験談に基づいた構成ということで、なるほど納得。一部個人の受け止め方に差があるとは思いますが、概ね万人受けする書籍。これから出産を予定している方に是非オススメしたいですね。

Usariさん

妊娠から保活まで直面するいろいろな問題を漫画と文章でわかりやすく教えてくれています。
読みやすいですし、今後どんなことがあるのかざっと流れが分かりますし、初めての妊娠出産の方には是非ともオススメしたいです。

特に、使える助成や制度は目を通しておかないと損しますので出産前に一読を。
漫画はあくまでも経験談ベースですが、頭に入りやすいですし、さっと読めます。






出産の仕方がわからない!

出産の仕方がわからない!

男性免疫ゼロで奇跡的に結婚。そんなオタク漫画家がいざ目指すは“出産”!

想像つわり、ちくびもげる疑惑、暴走する妄想癖に振り回されながら、無事にママ界デビューできるのか。

嵐のようなトンデモ妊娠生活を、どこまでも赤裸々に実況中継。

人生最大のド修羅場を描く、リアル妊娠マンガ!


レビュー・口コミ

革新の扉さん

Amazonのお知らせで出てきたので何気なく注文しましたが、(未婚なので)全く知らない事だらけでした。ご自身の体験をコミックマンガに書ける作者様の能力はすごいですね。失礼ながら笑ってしまう場面も。

女性よりも男性に読んで頂きたいマンガですね。

広瀬さん

カザマアヤミさん夫婦は、共に漫画家夫婦で、将来を見据え、子つくりにはげみますが、途中不妊であることが判明します。
そこでカザマ夫婦は不妊治療に進むわけですが、書いてあることは、面白おかしく書いてはありますが、
いわれた言葉や行動はなかなかヘヴィーだったことが伝わってきます。
自分自身、既婚子なしの男ですが、不妊の苦しみは想像に難くありません。

幸いカザマさんは時間はかかったものの、なんとか身ごもり、
無事、健康なお子さんを出産するわけですが、そこに至るまでの話はなかなかヘヴィです。
カザマさん夫婦が今後とも幸せに生きることを祈りつつ、また子育て本を出して欲しいなと思っています。

【残り10件の口コミを見る クリック】

よちぷさん

私は男性ですし、結婚もしていませんが。
可愛い絵柄でわりとエグいところまで出産にまつわる実際が紹介されています。
普通はちょっと聞きにくい内容だと思います。
しかし、実際お母さん方にとっては当たり前のことなのでしょうね、頭が下がります。
人にもおすすめしたい漫画でした。

棚卸しマンさん

漫画家同士の出産の話です。
絵がとてもかわいらしく、旦那をディスるような描写は一切無く(むしろ感謝している)
作者の人柄の楽しさを感じました。男も楽しめると思います。

Amazon カスタマーさん

不妊治療から子育てまでを書いたコミックエッセイですが、その間は不安や心配などがあると思います。そういうものも書かれていますが、暗い感じでなく楽しく読めるようになっていると思います。

まんまるさん

乳首の、話は凄いわかるのでこれから出産する人にぜひ読んで欲しいです!
共感が多くて楽しく読めました!
カザマさんがかわいらしいです♪

Amazon カスタマーさん

相変わらずぶっ飛んでて面白かったです!
次は育児を中心にしたお話が読みたいです!

Amazon カスタマーさん

妊活→不妊治療→妊娠→出産→育児のエピソードがとても詳しく描いてあり、参考になります。
絵がとても可愛く、読みやすいです。
これから出産を望んでいる女性や、妊娠出産について知識の無い男性にオススメしたい本です。
経産婦にとっては、あるある~ととても共感できる内容だと思います。

水晶の空さん

今回の話はカザマ先生の妊娠を描いた話。
1冊目、2冊目がとても面白かったので3冊目も期待していたのですが3冊目も期待を越える面白さでした。続編がもし出版されたなら是非読んでみたいです!

感想さん

いやでもまじで、これって凄く良い考え方じゃないですか?
コメディ調にまとめてますけど、要するに作者さんはいつも、「時代を越えた普遍的なもの」に
価値を認めている訳であって(自覚ないと思いますけど。笑)、
この考え方に救われる妊婦さんは、実はとても多いんじゃないかと思います。

妊婦あるあるとしてもレベルが高いですし、おすすめです!

Amazon カスタマーさん

たまたまネットでこの漫画家さんを知り、面白そうだったので購入。
不妊治療から出産、育児までが可愛い絵と共にユーモアたっぷりで描かれています。
ご夫婦ともキャラが素敵。
内容的に多少下ネタ?は入りますが全くイヤらしさはありません。
個人的には授乳時の赤ちゃんの描写が好きで、
なかなか写真には残せないシーンだったので『ああ、こんな感じだったな』と思い出せて嬉しく思いました。
育児中の息抜きや、妊娠中の方にもオススメの本です。

梅野郎さん

結婚話から三冊目のエッセイマンガ。遂に出産編!先の二冊ともに大変面白い内容でしたが、私自身が妊娠中ということもあり、今作は特に注目していました。

不妊治療に関しても、実際は悩み苦しんだ時期が大半だったでしょうに、良い意味で明るく描写されているのが新鮮でした。
等身大でありながら独特のキャラクターが光るカザマさんご夫婦のやりとりは、読み手の心を笑いや共感によって温めてくれること間違いなしです。
これから出産する妊婦さん(つわりがきつくて心折れそうな方なんかは特に)には、前向きになりたい時用の参考書として枕元に置かれると良いかもしれませんよ(笑)

それにしても、紺野さんはすばらしい旦那さんですね。巻末のあとがきに感動してしまいました。






安産力を高める骨盤ケア 妊娠初期からお産本番まで役立つ!

安産力を高める骨盤ケア 妊娠初期からお産本番まで役立つ!

妊娠期を通して実践したい「骨盤ケアの3原則」とともに、つわりや腰痛、お腹の張りなど、時期ごとの不調を解消する体操を紹介。

お産の最中に行いたい、現場で効果を実証済みの体操も網羅しています。


レビュー・口コミ

くるめくさん

この本に2度も助けてもらいました。

1度目は1人目出産前、どうにも出産への勇気と覚悟がでないまま、臨月間近に…。その時にこの本を読み、実践することで、出産への理解、体の準備、やれることが明確にわかり、勇気をもらえました。

2度目は2人目出産時、切迫早産で入院した時も、この本の運動を続け、無事、39週まで保つことができました。この時も、具体的な運動法、過ごし方がわかり、本当に助かりました。

shikaさん

妊娠して、はじめのうちから結構腰痛が酷くて悩んでいた時にこの本を知りました。
購入して、いろいろ試しているうちに腰痛が改善しました。
その後、恥骨痛などにも見舞われつつも、またページをめくって恥骨痛の対処法を試しました。

出産するときや産後のことに関してもアドバイスがあり、妊娠から出産、産後まですごく活躍した本でした。
すごく気に入ったので同時期に妊娠していた妹にも読ませました。

【残り14件の口コミを見る クリック】

こぶHey!!さん

初産のため不安もある妻に、少しでも辛くない出産を迎えて欲しいという思いで購入しました。

「安産の秘訣は正しい骨盤に整えることから」ということで、妊娠経過毎の簡単な骨盤エクササイズが多数紹介されていて、大変参考になりました。
購入時期が妊娠7ヶ月と後期に差し掛かるタイミングでしたが、ちょうどその頃に腰痛なのか、お尻の付け根あたりが痛くなってきて、二人で本を見ながらゆっくりエクササイズを続けると痛みが緩和して骨盤が整ってくる感覚があったようで、喜んでくれました。妻の場合は仙骨座り(ふんぞり返って着座しているスタイル)が定着していたのが原因だったようで、納得感があり夫としても安心できました。

今は基本パターンと妊娠後期のエクササイズをA3に拡大コピーして家の壁に貼って毎日行うようにしています。

☆-1にした理由は、やはり本を見て行うのが素人なので、医学的にこのエクササイズしてもほんとに大丈夫なのかな?何か逆に悪くなったりしないかな?というもやっとした気持ちが捨てきれず、もう少し安心感も持てるような書き方をして欲しいなと思ったからです。

Amazon カスタマーさん

妊娠5ヶ月のときに買い、出産まで活用しました。

初産でしたが、この本のおかげで思ったほど辛くなかったと思えるくらい安産で、助産師さんにとても落ち着いていたと褒められたくらいでした。個人差はあるかもしれませんが、おすすめです。

Amazonユーザーさん

帝王切開になったので最終的にためになったとは言い難いのですが、妊娠時はこの体操をしているだけで安産に向かっている気がして、安心できたのがよかった。
また調子が悪かった例がたくさん出てくるので、それぞれ大変な思いをしているんだと励みになった。

ダラ奥さん

体操は体に負荷のかからないものばかりですが、終わったあと体がラクになるのを感じます。
タオル玉の使い方は皆さんに知って欲しいです。

hana58さん

図書館で借りた本でしたが、凄く良くて、一人目がとっても安産だったので、二人目の時も参考にしたいと思い、今回購入しました。

くるめくさん

この本に2度も助けてもらいました。

1度目は1人目出産前、どうにも出産への勇気と覚悟がでないまま、臨月間近に…。その時にこの本を読み、実践することで、出産への理解、体の準備、やれることが明確にわかり、勇気をもらえました。

2度目は2人目出産時、切迫早産で入院した時も、この本の運動を続け、無事、39週まで保つことができました。この時も、具体的な運動法、過ごし方がわかり、本当に助かりました。

shikaさん

妊娠して、はじめのうちから結構腰痛が酷くて悩んでいた時にこの本を知りました。
購入して、いろいろ試しているうちに腰痛が改善しました。
その後、恥骨痛などにも見舞われつつも、またページをめくって恥骨痛の対処法を試しました。
出産するときや産後のことに関してもアドバイスがあり、妊娠から出産、産後まですごく活躍した本でした。
すごく気に入ったので同時期に妊娠していた妹にも読ませました。

Amazon カスタマーさん

役に立ちました。妊娠中どこか痛いとか困ったことがあればこの本の 症状別のオススメの体操一覧 から勧められてる体操をしてみると楽になるのではないかと思われた。妊娠中はこの本がお守りっぽい存在でした。

Amazon カスタマーさん

症状が出てきたときに、自分ですぐできる体操がたくさんあります。
妊婦でも無理なくできるので安心で、しかも効果高いです。

妊娠中だけでなく、産後も役に立ちます。

初心者さん

他の本には中々載っていない助産師さんならではの知恵(様々な体操?ポーズ?)が満載で 実践しやすかったです。
あまりに多彩で全てを覚えて実行は出来ませんが 特に辛い症状のだけでもやる価値がありそうです。
妊娠後期現在、気に入っているのは折ったバスタオルをズボンにはさむ技。
寝返り等の辛さが軽減され、ひどい便秘が一気に解消に向かいました。(初日は軽い腰痛に悩まされましたがそれだけ骨盤が歪んでいるのでしょうね・・。今は大丈夫です。)他も 体が硬い私にしんどそうなポーズが殆ど無く安心しました。(一部のマタヨガはやはり辛い。)

もし 自分で安産に近づく努力が出来るなら何でも試したい方には 一見の価値があるのではないでしょうか。効果は個人差があるでしょうが少なくとも精神的には「これをやったんだから」と安らぎ(自信)を得られそうな気がします。

この本で、私が安産できるかは未知数ですが、「信じて出来る事をやってみよう」と前向きになれる本でした。

ろーささん

昔に比べ、体を動かす量が少なくなった現在、すべての女性に読んでもらいたい本です。

nanaさん

ただいま妊娠中期です。

骨盤ベルトをしても、腰痛が気になるし、安産を目指してるので購入。

購入して良かった!体操はたくさんあるので、基本の体操からするといいと思います。
DVDつきなら、もっといいですね。

妊娠初期~赤ちゃんの育児のことまで載っています。

初めての出産が高齢なので、この本を読んで 気分がとても良くなりました。

試しに基本の体操をしてみたら、腰痛が楽になり自信もつきました。

プレゼントにも喜ばれると思います。

ともりんさん

妊娠後期の大変な腰痛、下半身の重だるさなど、
書いてある体操で随分救われました。
一人目の時は苦労しきりでしたが、
今回はお陰様でこのまま出産が楽しみです。

Amazon カスタマーさん

レビューの評判が良いので購入してみました。
現在妊娠七ヶ月ですが、最近内臓、胎盤が全体的に下がっている感じがして、下腹部が張っているというか・・少し嫌な感じがし、切迫早産などを心配していましたが、この本にある腰振りの体操や、はいはい運動などいくつかやり続けてみると内臓や胎盤が上がった感じがしました。そのほかにも骨盤の歪みを解消する為の体操や、妊娠中気をつけなければならない座り方など、ためになる事が多く書かれていました。
色んな体調の妊婦さんがおられると思いますが、一度は目を通して損は無いと思います。





created by Rinker
¥1,430 (2021/09/17 18:11:46時点 Amazon調べ-詳細)



「妊娠できるか検査」に行ってみた 20代でも要注意!知っておくべき妊娠・不妊・避妊

「妊娠できるか検査」に行ってみた 20代でも要注意!知っておくべき妊娠・不妊・避妊

「妊娠できるか検査」に行って初めて知った衝撃の事実。だれも教えてくれない「いつか」のために大切なことは…。

20代から知っておくべき妊娠・不妊・避妊についてをまんがで解説した、後悔のない人生設計を考えるための本。


「いつか子どもはほしいな、今じゃないけど」。でもとりあえず「妊娠できるか検査」に行ってみたら誰にも教わらない、20代から知るべきことがたくさんあった。

「危険日って説明できる?」
「精子・卵子の老化?」
「不妊治療は絶対なの?」

そこで自分たちのような思いをしないために、既婚・カップル・独身を問わず、20代からの男女が知るべき今さら聞けない性の基本から不妊までを、体験漫画と、生殖医療専門医との対談によってお伝えします。


レビュー・口コミ

このきさん

将来、こどもが欲しいと思ってるすべての人に届いて欲しい本です。
若いから大丈夫、まだ子供いらないから考えなくていい、そんな風に考えていていざ結婚して子供が欲しいときに「妊娠できない」なんてことにならないように特に20代から30代の人に読んで欲しい本だなと思いました。

私は漫画家のみくにさんのファンからこの本を手に取ったのですが、まんがと文章が交互に入っていて読みやすくてグイグイと引き込まれていきました。
自分の体験した検査のシーンにはものすごく共感してしまったり、全く知らない単語が出てきて勉強になったりと、買ってから何度も読み返しています。

妊娠というと女性の体だけがクローズアップされますが、妊娠するには男性女性ともに適した体を持ってないと妊娠できないんだなということ、女性だけじゃなく男性にも読んでもらいたい本ですね。

Amazon カスタマーさん

娘のために買って見ました。

今は昔と違って、女性も男性と同じようにバリバリ仕事をしたりするのは当たり前の時代。けれど、歳を取れば取るだけ妊娠率が下がる事実と、どんなに仕事ができても、女性のカラダは妊娠出産するカラダなんだよなぁと読んでて思いました。

中学生、高校生から読んでほしい一冊です。不妊治療というものがとても可愛いらしい漫画でリアルに書かれていて、普通に面白かったです!!

【残り8件の口コミを見る クリック】

Amazonカスタマーさん

婚約者のすすめで読みました。
30代男性の私としては、結婚前から将来の子どものことについて考えるような本は、気持ち的に抵抗がありましたが、本当に知らなかったことばかりで、またこれまで「自分は大丈夫」と曖昧にしてきたようなことが明確にわかってよかったです。

おそらく現時点でパートナーがいないと手に取るのは難しい類の本だと思いますが、だからこそ、個人の意識に任せるのではなく、高校生になれば学校教育できちんと教えても差し支えない内容でもあると思います。

本来子どものことは非常にデリケートな問題ですが、私はいろいろなことを知らなかったばかりに、これまでとても失礼なことを、悪気なく言ってきたかもしれないと、反省しました。

ゆうさん

絵がとても可愛くて飛び付きました。
娘の世代(高校生)にもウケそうな絵のタッチで、内容は性に関してですがます第一歩の入りやすさは最強だと思いました。
性に関しては、興味本意で突っ走る前にきちんと正しい知識を持ってもらいたいと前々から思っていたので、こうゆう本は本当にありがたいです!
内容もとても分かりやすく展開されていて高校生の娘もスッと読んでくれました。
性に関しては「恥ずかしい」「エロい」と捉えがちでなかなか親子でも話しにくいジャンルかもしれませんが、こういった本があれば話題にしやすいしオープンに話せると思います。
娘も絵が可愛いととても気に入り、友達に勧めると言ってました。
男の子も女の子も読むべきものだと思います。

Kindleのお客様さん

みくにさんが漫画を担当されていると聞いて、内容を確認し、書籍を注文しました。
タイトルから内容を想像出来、本の世界に入りやすかったです。
本の半分が漫画なので読みやすく、文章の方も図解があり、またかみ砕いた表現が多くわかりやすくて丁寧な仕上がりかと思います。
他人事ではなく自分事として読むことが出来ました。
200ページ以上ありますが、あっという間に読み終えてました。
いつか必要な時に、そばにあるといいなと思う本です。

匿名さん

こういった内容の本は、今までも読んだことがありましたが、漫画にすることで他に比べて分かりやすかった。
痛みや喜びもとても伝わってきた。

男性にも女性にも読んでいただきたい本ですが、特に男性にお勧めしたいです。
絵がとても素敵です。

Amazonカスタマーさん

婚約者のすすめで読みました。
30代男性の私としては、結婚前から将来の子どものことについて考えるような本は、
気持ち的に抵抗がありましたが、本当に知らなかったことばかりで、
またこれまで「自分は大丈夫」と曖昧にしてきたようなことが明確にわかってよかったです。

おそらく現時点でパートナーがいないと手に取るのは難しい類の本だと思いますが、
だからこそ、個人の意識に任せるのではなく、高校生になれば学校教育できちんと教えても差し支えない
内容でもあると思います。

本来子どものことは非常にデリケートな問題ですが、私はいろいろなことを知らなかったばかりに、
これまでとても失礼なことを、悪気なく言ってきたかもしれないと、反省しました。

kikiさん

とても読みやすく一気に読みました!
もっと早くこの本と出会いたかった。知らなかった事を分かりやすく書かれていました。
学校などで教えてほしい!高校や大学など自分の身体を理解できる年齢になった時に、必要な大切な知識だと思う。
女性はもちろん男性にも読んで欲しい。娘たちにも時期を見て読ませます。

Kさん

著者の体験談を元に漫画とインタビューでわかりやすく伝える構成になっています。
著者は若いころの生理不順を大げさに捉えずいざ子供を持つかという段階で壁にぶつかります。
漫画も暗すぎずコミカル過ぎずちょうどいいバランスで絵柄も可愛い。
合間に挟まれる医師と著者の対談も興味深く女性なら知っておきたい知識がふんだんに盛り込まれています。
年頃の子供たちにも折を見て読ませたい一冊です。

へのへのもへじさん

私も知らずにかなり遠回りをして、不妊治療をしてやっと子どもに出会えました。
もし、10代、20代前半のころから「誰しも不妊の可能性がある」ということを知っていたら、きっとライフとキャリアに対する考え方は変わっていたと思います。

20代は仕事、30代でライフを充実させる、そんな風にざっくりしか将来を描けなかったから、不妊になって初めて自分の体に意識がいきました。10代で妊娠と避妊の正しい知識をもって、「30代でも妊娠できる体かどうか」を20代のうちに検査しながら体と向き合えていたら、30代で結婚・妊娠をしても結果が違ったのではないかな、と思うし、20代での結婚・妊娠を考えるきっかけにもなったと思います。

だからこそ、「いつか子どもがほしい」と思っているすべての人に読んでほしいと思いました。
最後、著者の森瞳さんは赤ちゃんに出会うことができ、とても感動しました。不妊治療者の中には最終的には治療を様々な理由であきらめざるを得ない方もいます。そうした現実も医師の話として掲載されているので、”正しい知識を知る”ということができる本で、「〇〇したら妊娠するよ!」という類の本とは一線を画していると感じました。
とってもオススメの一冊です。






れもん、うむもん!――そして、ママになる――

れもん、うむもん!――そして、ママになる――

つわり、胎動、分娩、母乳……思うようにならない自分の体と、命を預かることへの緊張。

ママとして最善のことをしたいのに、できない。贅沢な悩みだと分かっていても、のみこめない気持ちを抱えて、身も心もズタボロになった日々。シアワセだけじゃ、産めません……。


「しんどい」気持ちにそっと寄り添う、ママたちの味方の一冊。


レビュー・口コミ

Amazonのお客様さん

ちょうど産後2カ月前後に、「やばい、わたし、子どもと二人きりになるのが怖い」と思っている自分に気づいて、「産後うつになるかもしれない」と思ったときに手に取り、筆者と語り合っているような心境に。

読んだ時、同じように妊娠中のマイナートラブルと出産時の痛みの辛さ、母乳育児がうまくできなことへの劣等感は悶々と自分の中のあったので、上手に体現してくれているとありがたい気持ちになりました。

妊娠・出産は女性特有のデリケートな部分に関わることが多く、秘め事として経験してない人の目につかないところに葬り去られてます。
私も分娩室で、「国会議員のおじさんどもよ!これを経験したら、出産なんとか法案とか、母体なんとか法案とかもっと審議されてるはず!」と心の中で叫びました。

つわりの程度ひとつにも個人差があります。
でも経験した人にしかわからないでは、社会全体でママと赤ちゃんは守れないです。

イクメンになってるつもりの人、これからなろうと思ってる人、産後うつなんてならないと思ってる人、この本読んで夫婦で家族で話し合ってください。
産後クライシスも隣り合わせですよ。

Amazon カスタマーさん

妊娠から産後すぐの状況について、真実が描かれてると感じました。
妊娠雑誌のふわふわキラキラした情報ではなく、苦しい部分がちゃんと詳しく書いてあります。妊娠中は、出産こわいなーと思いながら読みましたが、産後は、本当に共感できて涙が出ました。

この本があったから、産後すぐの辛い時期も乗り越えられたように思います。
特に病院での授乳に関する出来事は、ほとんど同じだなと思いました。
出産も大変でしたが、その後すぐ始まる、おっぱいを出すための訓練がこんなにキツイとは知りませんでした。

【残り17件の口コミを見る クリック】

kamekurasanさん

マタニティーブルーの実体験について、淡々とではありますが強烈に描く4コママンガです。

この本で、個人的に特に共感を受け多くの人に伝わってほしいことは、次の3つです。いずれも体験者なら大いに頷くと思います。
「母親は孤独」、これの真の意味は、体験してみないとわかりません。
「真の敵は身内」、どんなに仲の良かった母親(つまりおばあちゃん)でも、必ず一度はけんかをします。
また、著者は出産した施設が完全母乳では「なかった」ことで救いを得られます。人工乳をあげられないのは甘えだ、的にとても厳しくする病院は確かにあります。でも母親に優しくできない病院が、赤ちゃんに優しいのでしょうか?母親がそんな精神状態で赤ちゃんにいいことがあるとは、あまり思えません。
日本では、水はきれいで、発展途上国と比べてミルクを飲ませることは危険ではありません。母乳の成分が重要なのは否定しませんし、完全母乳できる人は、もちろんすればいいのです。そうでないお母さんだって、我が子が一緒にいるだけで貴重な存在となり、親子関係が作られていく様子が、本書からは確実に伝わってきます。マタニティーブルーから自然に抜け出していく著者の姿は、多くの妊婦さんの救いとなることでしょう。

一所懸命なお母さんほど、鬱になるということは、多くの母親が体験しています。それを明らかにした本作品は、すべての妊婦およびその家族に読んでほしい書です。

えぐちよさん

妊娠中に自分も読んで、夫にも読ませました。
夫は、生まれてからの部分を熟読して、参考にしてくれたようでした。ありがたい。

心構えとしてとても有益だし、本としても面白いので、ぜひ妊娠中の方、妊娠を考えている方、周りに妊婦さんがいる方、あの頃をふりかえりたい方に読んでほしい。

妊娠してから今まで、大変じゃないと言ったら嘘になりますが、子どもはとてもかわいいです。はるなさんと一緒だなあと思います。

20代女性 乳児♂子育て中さん

泣きました。まさに今、産後うつの傾向があると言われ、心身共にボロボロになっているところです。

元々大した病気も無く、友人にも悩みが無さそうと言われるほど元気だった私は、出産も育児もどうにかなるだろうと思っていました。
周りの人を頼ることができない性格のため、しんどいのに元気なふりをしてしまい、どんどん自分を追い込んでしまっていました。

この本は、妊娠中から出産、育児まで、ただひたすらに辛い体験を描いています。雑誌や育児書で読むような、幸せでキラキラしている生活とは全く違います。
でもだからこそ、今の私に必要で、寄り添って話を聞いてくれているような、そんな気持ちになりました。辛い!!!と声を大にして言えない世の中の風潮、ともすれば「なんで産んだの?」と言われかねない…。

お母さんに向いてないんじゃないかと思ってしまうけれど、この本を読んで、そんなことはないのかもしれないと、少し思うことが出来ました。

Amazon カスタマーさん

お世話になりました。
綺麗事並べた世に出回ってる出産育児本とは違います。私にとっての妊婦から産後にかけてのバイブルとなりました。

妊娠から産後にかけて抱いていた妄想と現実とのギャップを最小限にしてもらえるので、思ってたんと違う!!とならず、落ち着いて対処できると思います。

友達が妊娠したと聞いたら、この本をまずプレゼントしています。

Amazon カスタマーさん

泣きながら一気に読みました。妊娠中から出産後、産後までずっと孤独を感じて来たことを、とても共感できるように書いていらっしゃると思いました。

私自身は、産後9ヶ月経った今も産後うつが続いていて、幸せを実感したり子供のことを手放しでかわいいと思えるところまで来ていませんが、いつか檸檬さんのように思える日が来るようがんばろうと思いました。

夫にもぜひ読んでほしい一冊ですが、きっと同じ様には理解はできないのかなと思うと、少し寂しいです。

Amazon カスタマーさん

すでに出産した先輩ママから勧められて読みました。

妊娠、出産のハッピーな面ばかりではなくネガテイブな部分にも触れていて、妊娠出産エッセイの中で一番共感できる内容でした。

Amazon カスタマーさん

泣きました。優しい言葉が刺さりました。救われました!
私はこれからだけど、頑張ろうって思いました。不安も和らぎました。

Amazon カスタマーさん

あるある、そうだよね、と自分の体験と重ね合わせながら読みました。
できれば出産前に読みたかったです。
出産前の方におすすめです。

えりっちさん

すごくすごくよかったです(TT)
出産まではまだ先ですが挫けそうな時の大きな支えにしたいと思います。

Amazon カスタマーさん

妊娠、お産についての「超現実」が書かれており為になりました。他の本にはありがちな変な美化されたものがなく良かったです。

Amazon カスタマーさん

出産前に読みたかったです。産後、ちょっとしたことで激しく傷ついたり、孤独で泣きどおしたり、産後うつに近い状態でした。誰かにSOSもだせず、苦しみながら、なんとか脱しましたが、この本を読んだら思い出して泣けてきました。

妊婦さんのまわりの人にも読んでほしい。特に、妊婦さんの両親、義父母たち。赤の他人からの一言よりも、身近な家族の一言のほうが、私にはつらかったから。

Amazon カスタマーさん

自分の産前産後を思って涙なしには読めませんでした。つわりのときの世界全てを呪ってたあの感覚、生まれたての子の土偶ぶり、産後の痛みと孤独、辛いって言えなさ。
クリエイターさんは、こういうまさに個人的な出来事、感情のひだを忘れずに心に留めて作品として放出できるんだなぁ、などというのにも心動かされました。

suzumarusoundsさん

産後すぐ初めての育児で精神的にまいりそうなときに買って読んでみた。
出産方法は違えど、育児の面で共感することが多く、自分だけじゃないんだと気持ちが楽になりました。
産後クライシスで夫と心のすれ違いが増えつつあったので、この本を目に付くとこに置いてみたら1人の時に読んでたようで、出産育児の大変さも私が言うより伝わったようで感謝です(笑)

ミューさん

出産は大変でした。本当に想像していたよりも、ずっとずっと。
産後の心身の辛さも実際の乳幼児の世話も、本を読んで勉強していたつもりでしたが、予想をはるかに上回り完全に私はぺちゃんこになりました。
そのぺちゃんこの私を優しくくるんで、あたためてくれたのはこの本です。

産前から読んでいたのですが、特に辛くてしょうがなかった産後一か月。時間を見つけては何度この本のページをめくったか分かりません。
分かるよ辛いよねと肩を抱いて寄り添ってくれる。この本が無かったら私の産後は、もっともっと殺伐としていたに違いありません。

時間が経ち、嵐のような大変な時期は過ぎました。辛くて悲しくて泣いてばかりだったことも不思議と薄れてきています。
でもこの本が私を救ってくれた事実は一生残ります。生涯そばにいてほしい親友のような本です。

たかゆかしきさん

初めての授乳は吸うどころか咥えてももらえなくて、看護師さんに胸はだけて泣きついてしまった。補助器を着けてもだめで、母乳も与えられないだめな人間と自分を責め、授乳の時間になるのが怖かった。退院して実家で親や姉妹に助けられても、子どもをとられたような気になってイライラしたり、他人よりも上手く立ち回れない自分に落ち込んだり、夫に会いたくなくて寝ている子どもの横で一晩中泣いたり、色んなことに過敏に反応して傷ついて辛かった。

読み終わって、産後の辛い思い出をそっと取り出して浄化してもらった感じ。私は読んでよかった。

ましろさん

育児コミックエッセイが大好きで、色んな人のを読み漁っているのですが、これはかなりきました。

子育て中の私にも、そうそう‼そうなの‼ってのが一杯。
マタニティーブルーから我が子が可愛い‼きゃー!ってなるのも手に取るようにわかってすごく共感できました。
ほんと妊娠出産は、「こんなことどこにも書いてなかった‼教えてもらわなかった‼つらい‼」って事がたくさんあったので、この漫画は代弁しててくれて、男性の方、妊婦でもない女性にも読んでもらいたいです。

saonさん

今、まさに臨月の妊婦です。
赤ちゃんがほしくて、妊娠したときは本当に嬉しかったのですが、初期からツワリが酷く、会社を長期休んでしまい、やっと復帰したと思ったら切迫早産で診断書が出てしまい、産休を大幅に前倒ししていただくことに…。
職場に迷惑をかけてしまう後ろめたさと、体調が悪く、普通の生活もままならないもどかしさから、思い描いていたような幸せなマタニティライフは送れていませんでした。
育児雑誌に載ってる妊婦さんはみんなキラキラ楽しそうなのに、私はなぜ?
そんな気持ちになってしまい、お腹の中で元気に動いている我が子に申し訳なく、涙したり…

でも、そんなこと、周囲にはなかなか相談できなくて。
子供大好きだったはずなのに、母性がないのか?と悩むばかりでしたが、この本を読んで、救われました。
妊娠は十人十色。
なかなか聞けない、大変な妊婦さんの気持ち、生活など、分かる分かる!と泣きながら読みました。
そして、読み終わったあとは、心が久々にスッキリ晴れました。
きっとこれから、実際に出産、そして育児していくと、また壁にぶつかると思います。
でも、その度にまたこの本を開きたいと思っています。



created by Rinker
¥880 (2021/09/17 18:11:47時点 Amazon調べ-詳細)



おなかの赤ちゃんとお話ししようよ

おなかの赤ちゃんとお話ししようよ

ゆっくりと深呼吸してください。そして、心を落ち着け、おなかの赤ちゃんと心を通い合わせてみてください。聴こえてきませんか。新しい魂の語りかけてくる声が…。

妊娠中のお母さんに贈る胎教のための絵本です。


赤ちゃんを授かることのありがたさに、あらためて気づかせてくれる、感動の絵本。


レビュー・口コミ

うみさん

妊娠8ヶ月で妊娠糖尿病と診断され、すっかり自信をなくしている時に読みました。
なんで私がこんなめに。。。出産も怖いし。。と思っていました。でもこの絵本の文章で救われました。こんなお母さんでもいいんだ、選んでくれたんだね。

頑張って食事療法して元気な我が子に会いたいと思います。

ももかさん

お母さんになるって、意外と不安が多いものでした。
そんなとき、この本や、葉さんの本を読むと、安心します。

いのちにつながっている、というのを感じます。
妊婦さんにも、お母さんになって子育てをしている方にも、もしも、不安がある人には、ぜひ読んでいただきたいです。
安心の気持ちを、もらえるかも。

私自身が、ときどき読んで、安心をもらっています。
きっと、その気持ちは子供に伝わると思うから。
子どものためにも、私の気持ちはとっても大切です。

【残り8件の口コミを見る クリック】

かなさん

自分も読んで感動したのでプレゼントしました。
涙がでたって喜んでくれました。

Rさん

プレゼントしたら、勇気づけられたと感謝されました。

ただし、内容を確認しましたが、安定期に入ってからプレゼントするのがおすすめです。
考え過ぎかもしれませんが、万が一何かあった場合、この本を見るたびに辛くなるかもしれません。

Amazon カスタマーさん

現在妊娠中期で、本のタイトルが目に留まりキンドルで購入しました。とても温かな気持ちになりました。なかなか声に出して話しかけてあげられてませんが、私のお腹を選んで来てくれた感謝の気持ちを忘れずにずっと居たいです。

サムライみーすけさん

初めての妊娠、不安もありましたが、この本を読んで
とってもあったかい気持ちになれました。
絵も、ふんわりとして胎教にもとてもいいと思いますよ。
どうか、現在妊婦さんも、優しい気持ちになってみて下さいね。

0084230さん

痛ましい事件が沢山起きてますが、お母さんがこの絵本を読んで実践してもらえれば起きなかったのではと思います。とても素晴らしい絵本です。すべての女性に読んで頂きたいですし、奥様が妊娠中の旦那さんにも是非読んで欲しい絵本です。

本書のラストに
「この絵本を通して、母と子の深い絆の源が現世を超えた永遠の魂の次元にあるということをすべての母親、そしていつか母親になるであろう若い女性に伝えられれば幸いです。」
というメッセージが書かれております。

とっても分かりやすく、絵も美しいですが、内容も深くしっかりしています。★お腹の中にいる赤ちゃんに声を出して語りかけると、効果は絶大だと思います。

投稿者さん

妊娠初期の頃、偶然本屋で立ち読みをしました。
立ち読みにも関わらず涙がポロポロ出てしまいました。
出産後行き詰まった時に読みたいと思い購入しました。
夫に「泣けるから読んでみて」と読んでもらいました。
普段はクールな人なのですが「泣ける…」とつぶやいていました。
周りに妊娠した人が現れたらプレゼントしまくりたい本です。

Amazon Customerさん

一つひとつの言葉から、勇気を与えられます。 一つひとつの絵から、希望を持つ大切さを教えられます。 読み終えたとき 心の優しい人になっている、 そんなすてきな絵本です。

yusuke_h39さん

男親って、実感無いですよね。でも、お腹の赤ちゃんって
話とか聞いてるんですよね。それが、分かるようになるかな。
男親になる人に、是非読んでもらいたい本です。
もちろん、妊娠中の方にもお勧めです。



created by Rinker
¥1,650 (2021/09/17 17:50:19時点 Amazon調べ-詳細)



産科医が教える赤ちゃんのための妊婦食

産科医が教える赤ちゃんのための妊婦食

健康な妊娠期を過ごし、出産後には母子共に元気に過ごすためには?

産婦人科医の著者が、4900人の妊産婦へ指導した「たんぱくリッチ食」を紹介する。いい栄養がたっぷり取れる、産前産後&離乳食レシピ付き。


レビュー・口コミ

Yumekoさん

いま妊娠中です。こちらの本を見つけて読んでみましたが、本当に勉強になりました。

赤ちゃんに必要な栄養が、何かとてもわかりました。最初のカラーページが、とても良かったです。

ESさん

赤ちゃんの健康は母親が守っていると言っても過言ではないと思う。
本を手に取り、ぜひやってみてほしい!
全国の産婦人科に置いてもらえたら、もっと情報が届くのになぁ…

Amazon カスタマーさん

糖質制限していても妊娠が可能かを分り易く解説している。

作者の講演を何度か聞く機会があり、妊娠に対して大変な不安を持っていましたが、今は勇気ずけられて不安も余り感じなくなりました。将来に希望の持てる内容です。

【残り8件の口コミを見る クリック】

shellyさん

目から鱗!!!勉強になりました!おにくいっぱいたべます!妊活前に読んでよかった。

佐藤さん

今妊娠後期で妊娠前からたんぱくリッチ食していますがずっとつわりになっていません。においや味覚の変化もありません。
妊婦はケトン体エンジンになっていると本書では記載していますがケトン体エンジンに合わせてたんぱくリッチな食事をすればつわりにならないって事です。(サプリメントも飲んでます)
親戚全員つわりになっており私は非妊娠状態で乗り物酔いするタイプですがそれでも本書推奨の食事の栄養バランスでつわりになりませんでした。あすけんの提示する普通の栄養バランスと比較するとP100%F250%C25%くらい。検診毎度の尿検査も正常値。

本書推奨の栄養管理の緩めの糖質制限は、ガチガチに糖質取ってはダメというものではないため、妊娠初期からでもたまにフランス料理のコースやラーメン二郎を食べたりもできましたので楽に実践できる内容です。
体重管理も楽々なので検診まで妊娠前体重をキープして、検診始まってから体重増加を直線グラフにしたりと遊び出す心の余裕もあります。
当方痩せ型の境界型糖尿病きっかけでたんぱくリッチ食実践しているのですが50g75g両方の妊娠糖尿病検査に引っかかりませんでした。本書にも試験回避方法書いてありそれに近い対策はしたので納得です。

栄養管理の教科書として面白いので子供が産まれてからも本書記載のたんぱくリッチ離乳食を実践してみようと思います。

Amazon カスタマーさん

作者の講演を何度か聞く機会があり、妊娠に対して大変な不安を持っていましたが、今は勇気ずけられて不安も余り感じなくなりました。将来に希望の持てる内容です。

ルカさん

タイトルを見ると妊婦さん向けの栄養の本のように思えますが、実はまだ妊娠していない女性や将来子供を欲しいと思っている男性にも今のうちから準備としてぜひ読んでほしい本です。

不妊の原因は女性だけではなく男性にある場合も少なくないこと、そのひとつの原因として食生活の乱れがあることが産婦人科医の著者の豊富な経験からわかりやすく述べられています。

糖質の過剰摂取をやめ、体にとって重要な肉や卵などを優先的に食べる「たんぱくリッチ食」によって男女とも子供ができやすい状態になり、胎児も健康に育っていくとのこと。胎児の脳や体は砂糖でできているのではないから当たり前ですよね。

またヒトの母乳はかなり高脂質で、まだ糖新生(糖ではない材料から肝臓で必要な糖を作り出す働き)の能力が未熟な赤ちゃんのために糖質もそこそこあります。赤ちゃんが離乳して歩き出すと、糖新生能力は徐々に高まり、今度は筋肉を作るための材料としてタンパク質が多く必要になるんだそうです。

それなのに日本では離乳食としておかゆや野菜を中心に与えるので、赤ちゃんの成長に必要な脂質やタンパク質が不足してしまうんだそうです。

生まれたときに母親からもらった鉄分も、母乳だけでは足りなくなってしまいます。だからこそ離乳食では母乳では不足する栄養をしっかり足してやらなければいけないのに日本ではそうではないという現状があります。これは大いに問題ですよね。

妊娠糖尿病ではない健康な妊婦さんと妊娠糖尿病の妊婦さんで、それぞれ妊娠中に何をどのぐらい食べるべきかレシピが載っていて非常に良い本だと思います。

こはる姉さん

現在、妊娠9ヶ月になりました。
以前より宗田先生の著書は何冊か購読し、勉強させていただいています。
今のこのタイミングで嬉しい発売だったので、予約購入しました!レシピ付きで図解も分かりやすく、何より糖質制限から不妊治療、妊娠糖尿病予防、発達障害対策などなど幅広い情報が入っているのが素晴らしいです!!
何度も読み返して勉強します!!

satyさん

まず、定価1,600円(+税)で310ページもあります。

赤ちゃんが欲しいと願っている<男・女>、すでに赤ちゃんがお腹の中にいる人、赤ちゃんを育てている人、どのステージにいる人にも役立つ知識・情報が満載です。

お腹の中の赤ちゃんに必要な栄養は何か? お母さんは、何を食べたら良いか? 産後うつはどうしたら防げるか? 答えは全てこの本に書かれています。

宗田先生が提唱される「たんぱくリッチ食」は、実際にはどんなものか? カラーでレシピが紹介されています。

宗田先生がこの一冊を読んだ人に与えたかったのは、知識や情報はもちろんですが、それ以上に「安心」だったのではないか? そう思わせる一冊です。

てんびーさん

妊活、妊娠中、産後から赤ちゃんの離乳食(補完食)、男性の妊活まで知りたかった内容を分かりやすく書かれた本でした(^ ^)
人間は本来、どういう食事が合ってるのか、赤ちゃんの本来の体質は?
を考えた上での食育なので、とても説得力があります。
こんな本欲しかった!!という内容です☆

♡♡♡さん

内容の濃い一冊です。タンパク質の重要性、よく分かりました。
不妊に悩む方に手にとって欲しい一冊です。
思わず1冊買い足して、今から不妊治療する身内に読ませたら、早速実践しています。



created by Rinker
アチーブメント出版
¥1,760 (2021/09/18 09:51:41時点 Amazon調べ-詳細)



はじめての妊娠・出産安心マタニティブック お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

アメリカで100万部を突破した「The Pregnancy Journal」の日本版。

妊娠した日から出産日まで、毎日の胎児の成長と母胎の変化、栄養アドバイス等を詳しく解説。

日本では「週・月単位」で解説した妊娠出産本は多々あるが「日単位」は初めて。妊婦の不安や気がかりを解消し、安心して赤ちゃんを迎える心と体の準備できる一冊。


1~2日に1箇所、体調や気づいたことなど自由に書き込めるメモ欄付き。


レビュー・口コミ

むーんさん

胎動をまだ感じない妊娠初期に購入し、毎日あかちゃんの様子や成長を細かく書いてあるこの本を読んでいました。
とっても細かい説明文と、見えないお腹の中で何が起こっているか知りたいお母さんにとって、とてもためになる本です。

山田 邦明 / conote inc.

これはですね、基本的にメンズにおすすめしたい。

奥様が妊娠されたときに、奥様の体やその体の中の赤ちゃんがどんな状態なのかを毎日 毎日書いてくれていて、まじで勉強になる。

いや、普通に知らんかった・・・

ってことの連続だから。

これを寝る前に毎日いっしょに読むことで、メンズ側の理解も深まるし、一緒に子育てをしていく覚悟みたいなものも芽生えてくる。ぜひとも。

妊娠がわかったタイミングで買ってもいいし、そういう友達にプレゼントしてもいいし。

【残11件の口コミを見る クリック】

rrkkssさん

妻の妊娠が分かり、すぐに購入。
当初は妻のため、と思って購入しましたが、むしろ夫(=つまり私)にとって非常に良い本でした。
夫は妻と違い、「お腹の赤ちゃんが今、どういう状況なのか?」というのは全く想像できないもの。
本書は日々の赤ちゃんの様子が書かれているので、今、自分の子供がどういう状況なのか、何となく想像・理解するのにとても役立ちました。
結果として妻との間でも「今赤ちゃんは〇〇な状態なんだね~」といった会話も増えて、夫婦のコミュニケーションにも大いにプラスだっと思います笑

妊娠生活のハウツーを期待して買うと期待外れかと思いますが、人生にそう沢山はない貴重な妊娠期間を有意義に過ごす助けになる一冊かと思います。

こぶHey!!

アメリカでも大ベストセラーということで興味があり購入しました。

たまひよのアプリで毎日赤ちゃんの様子を通知してくれるサービスを利用していますが、最初は「書いてあることほとんど同じじゃない?」と思いましたが、たまひよの方にはない情報も多く書かれていて、購入して良かったと思いました。
他国、多民族の出産いろいろ話は、驚かされることばかりです。

今は毎日読むのを忘れないように、リビングの一番目立つ所に立て掛けてます。
毎日ページを進めるごとに、すくすくと育つ赤ちゃんに早く出会える日が待ち遠しくなります!

妊娠している知人へのプレゼントとして貰ってもきっと嬉しいと思います!

Amazon カスタマーさん

お腹の中の赤ちゃんを思いながら、妊娠生活を記していました。赤ちゃんと会話しているような、手紙を書いているような日記をつけることが出来ました。
今日のお腹の赤ちゃんの様子や、出産後の赤ちゃんのお世話についてのアドバイス、色々な国の出産のお話など参考になるものばかりでした。
日々の成長を知りながら、1ページずつめくっていくのが楽しみでした。
今は子どもと一緒に読める日が来るのを楽しみにしています。

めめたろうさん

妊娠発覚時に購入。
その時は不安で不安で読む気にもなれなかったけど、怖々すこしづつ読んで自分の体の変化を理解しました。
そして、不安な気持ちもお腹の赤ちゃんはこうやって成長してるのかぁと思うと解消されていきました。
夫は毎日読んで、楽しんでます。家族の話題にもなるし、買ってよかったです。

Amazon カスタマーさん

もう何人にプレゼントしたのかな~というくらい購入しています。
そしてとっても喜んでいただいています。
妊婦さんにとって、一日一日が、大切な日でありますように。
私は、赤ちゃん待ちから購入しちゃいましたけどねっ!イメージが大事よ!

akka_onoさん

お腹にいる間の赤ちゃんの毎日の様子や成長過程が書かれているため、毎日本を見ながら、出産までの日をワクワクして過ごしています。
また、気をつけた方が良いことや、体調、栄養など、色々なアドバイスが書かれているため、大変勉強になりました‼︎

BBさん

プレママ先輩に教えてもらって即日取り寄せた本!
1週毎の赤ちゃんの様子がわかる本は数あれど、毎日のお腹の中での成長の様子がわかるのはこの本くらい!? 
今日は髪の毛が生えたんだね〜とか、今、爪を作ってるんだね〜とか思うと、それに役立つような食材を食べてあげなくちゃ!という気持ちになって、自ずと「ママ気分」が育ちます^^

最近はアプリで赤ちゃんの様子がわかるガイドブックもありますが…日記形式で自分の様子も記録できるので、時々読み返してみると新鮮です。

Amazon カスタマーさん

毎日、主人と1ページずつ楽しみに読んでいます。なんとなく、こんな感じで成長していると思うと安心できます。
友人や家族で妊娠した人がいたら送りたい一冊だと思っています。

ayameさん

何週何日と、1日毎に赤ちゃんの発育具合について、内臓や手足について詳しく述べられており、今はこんな感じなのかなと分かりやすかったです。
世界各地のお産にまつわるトリビアや、妊婦の健康管理(主に食事)も面白いです。
メモ欄や、日付欄もあり、日記としても使えます
(私は初産だったため、第二子もありえると思って書き込んでおりませんが)

ぴょんぴょんさん

定期的に確認できるので、自分の状態を知るのに役立ってます。

小ネタみたいなのは、要らないかなと思うものも多いですが。
あとデフォルト情報で、目安の赤ちゃんのサイズ、重量を毎日乗せてもらえると嬉しいと思いました。今は時々しかでてないので、遡って探したりしてます。

プレゼントにも良いですね。

ドリビーPPさん

1人目の時も重宝しました。また、2人目も同じ本をしようして、1人目の時の状況と比べながら
楽しく妊娠生活を送れました(もちろん、つわりはしんどかったです^^;)
パパもよくわからない妊婦の状況を読んで理解できるので、
私的にはすごく、助かりました。






-おすすめ商品
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.