社会保障

【まとめ】児童の育成に関する社会保障の種類をわかりやすく紹介

【まとめ】児童の育成に関する社会保障の種類をわかりやすく紹介

この記事では「児童の育成に関する社会保障の種類」をわかりやすく紹介していきます。


一人ひとりの子どもが健やかに成長することができるよう、『子ども・子育て支援法』が制定され、関連する他の法律と相まって、子供および子供を養育している人に必要な支援を行うさまざまな施策が講じられています。


児童手当の支給や子どもを受けいれる施設の設置など、『子ども・子育て支援法』に規定する子どものための支援として位置づけられています。


児童手当とは

児童手当とは

児童手当とは、子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての重大な責任を有するという基本的認識の下に、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とし支給されるお金です。


0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給されます。



地域子育て支援拠点事業とは

地域子育て支援拠点事業とは

地域子育て支援拠点事業とは、親同士の出会いと交流の場であり、子どもたちが自由に遊びかかわりあう場です。


家庭や地域における子育て機能の低下や子育て中の親の孤独感や不安感の増大等に対応するため、地域において子育て親子の交流等を促進する子育て支援拠点の設置を推進することにより、地域の子育て支援機能の充実を図り、子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを支援します。



利用者支援事業とは

利用者支援事業とは

利用者支援事業は、妊産婦や子育て家庭が、教育・保育施設や地域子ども・子育て支援事業、保健・医療・福祉等の関係機関を円滑に利用できるように、身近な場所での相談や情報提供、助言等必要な支援を行うとともに、関係機関との連絡調整、連携・協働の体制づくり等を行います。



一時預かり事業とは

一時預かり事業とは

一時預かり事業とは、保護者が出産、病気、冠婚葬祭、通院、習い事、ショッピング、美容院、育児による心理的・身体的負担等の様々な理由により、一時的に家庭で子供の保育が困難になった場合に、保育所やその他の場所で一時的に短時間、子どもを預かるものです。


ただし、区市町村や施設によっては、就労や通院などの利用理由を要件としていることもあります。詳しくは区市町村又は実施施設へ直接お問い合わせください。



子育て短期支援事業とは

子育て短期支援事業とは

子育て短期支援事業とは、母子家庭等が安心して子育てをしながら働くことができる環境を整備するため、市町村が一定の事由により児童の養育が一時的に困難となった場合に児童を児童養護施設、母子生活支援施設、乳児院、保育所、ファミリーホーム等で預かる事業です。


短期入所生活援助(ショートステイ)事業と夜間養護等(トワイライトステイ)事業があります。



乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)とは

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)とは

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)の目的は、すべての乳児のいる家庭を訪問し、子育ての孤立化を防ぐために、その居宅において様々な不安や悩みを聞き、子育て支援に関する必要な情報提供を行います。


さらに、支援が必要な家庭に対しては適切なサービス提供に結びつけることにより、地域の中で子どもが健やかに育成できる環境整備を図ります。



養育支援訪問事業とは

養育支援訪問事業とは

養育支援訪問事業の目的は、養育支援が特に必要であると判断した家庭に対し、保健師・助産師・保育士等がその居宅を訪問し、養育に関する指導、助言等を行うことにより、当該家庭の適切な養育の実施を確保することです。



ファミリー・サポート・センター事業とは

ファミリー・サポート・センター事業とは

ファミリー・サポート・センター事業(子育て援助活動支援事業)は、子育ての手助けをしてほしい方とお手伝いができる方が会員として登録し、地域で相互援助を行う会員組織です。


保護者が残業等により、一時的に子育ての援助が必要になった場合に、地域の中で援助ができる人に依頼し、援助者の自宅等で一時的に短時間、こどもを預かる等の相互援助活動に関する連絡・調整を行います。



保育所とは

保育所とは

保育所とは、家庭の事情により保育に欠ける乳幼児(0歳~小学校就学前)を市区町村や社会法人等が開設している保育所が預かり、保育する児童福祉施設です。


施設名を「○○保育園」とする場合もありますが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」になります。



病児・病後児保育事業とは

病児・病後児保育事業とは

子どもが病気中や病気の回復期にあり、保育園・幼稚園・小学校等で集団生活を送ることが出来ず、保護者の方が就労している場合などにおいて、家庭での保育を行うことが困難なときに利用できるサービスです。


家族に変わり、専門の保育士・看護師が病院・保育所等において、病気の児童を一時的に保育するほか、保育中に体調不良となった児童への緊急対応等を行います。



家庭的保育(保育ママ)事業とは

家庭的保育(保育ママ)事業とは

家庭的保育事業とは、家庭の事情により保育に欠ける乳幼児(0歳~2歳)を、家庭的保育者(保育ママ)が自宅等で預かり、家庭的な雰囲気の中で少人数を保育するものです。


家庭的保育者となれるのは、保育士または市区町村が行う認定研修を終了し保育士と同等以上の知識および経験を有すると認められたひとです。



小規模保育事業とは

家庭的保育(保育ママ)事業とは

家庭の事業により保育に欠ける原則として3歳未満の児童を市区町村や民間事業者等が開設している施設で預かり、比較的少数(6人~19人以下)で、規模の特性を生かしたきめ細やかな保育を行います。


施設の保育従事者の保育士有資格者割合により、全員が保育士である小規模保育事業A型、5割以上が保育士である小規模保育事業B型、家庭的保育者が保育を行う小規模保育事業C型の3種類に分類されます。



放課後子ども教室推進事業とは

放課後子ども教室推進事業とは

放課後子ども教室推進事業とは、すべての子供を対象に、全国の小学校区において、放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用して、地域の方々の参画を得て、子どもたちとともに勉強やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取組を実施します。


それにより、子どもたちが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進します。



放課後児童健全育成事業とは

放課後児童健全育成事業とは

放課後児童健全育成事業とは、仕事などで保護者が昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に小学校の余裕教室や児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。


放課後児童健全育成事業は、「放課後児童クラブ」や「学童保育」とも呼ばれたりします。




-社会保障
-

Copyright© 社会保障 と 民間保険 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.